欧州CLが5カ月ぶり再開

マンC8強、レアルは敗退

©一般社団法人共同通信社

レアル・マドリード戦で得点を決め、喜ぶマンチェスター・シティーの選手たち=7日、マンチェスター(ロイター=共同)

 【ロンドン共同】新型コロナウイルスの影響で中断していたサッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)は7日、約5カ月ぶりに再開して決勝トーナメント1回戦第2戦の2試合が行われ、マンチェスター・シティー(イングランド)とリヨン(フランス)がベスト8進出を決めた。2季ぶり14度目の優勝を狙ったレアル・マドリード(スペイン)は敗退した。

 マンチェスターCはホームでRマドリードを2―1で下し、2戦合計4―2として3季連続で準々決勝に進出。リヨンは敵地でユベントス(イタリア)に1―2で敗れて合計2―2となったが、アウェーゴール数で上回り10季ぶりに8強入りした。