地方のテーマパーク、先行き暗雲

活気戻るも感染再拡大を懸念

©一般社団法人共同通信社

営業を再開したレゴランド・ジャパン=6月、名古屋市

 新型コロナウイルスの影響で休園を余儀なくされた地方のテーマパークが営業を再開して2カ月以上が経過。活気が戻りつつあるが、全国で感染再拡大の傾向が見られ、先行きに暗雲が垂れ込めてきた。従業員らはさまざまな不安を抱えながら勤務を続けている。

 レゴランド・ジャパン(名古屋市)は再開2カ月で「顧客は徐々に戻りつつある状態」という。7月の4連休は開園を待つ客で長蛇の列がみられた。

 広報担当者は「年間パスポートを持つ顧客などが少しずつ戻っている」と話す。

 一方、感染再拡大に「県がまた休業要請を発表するか不安。指示に従わざるを得ない」と自治体の動きに細心の注意を払う。