中国、米制裁は無意味と非難

香港出先機関トップ

©一般社団法人共同通信社

 【香港共同】トランプ米政権が香港の自治や表現の自由を抑圧したとして制裁を科したと7日発表した11人のうち、中国政府の香港出先機関「香港連絡弁公室」トップの駱恵寧主任ら2人は8日「制裁は無意味だ」などと非難した。

 駱氏は「国外に全く資産はなく、制裁は無駄なこと。自分は国家と香港のためにやるべきことをやっている」とする声明を発表した。

 香港メディアによると、制裁対象となった香港警察トップのトウ炳強警務処長は「国家と香港の安全を守ることは自らの責任。外国の制裁は全く意味がない」と述べた。