江別の産直めぐり♡新鮮野菜を安く買っちゃおう

©北海道文化放送株式会社

夏真っ只中☆おいしいくて新鮮な野菜の季節がやってきましたね♪今回は、札幌のお隣・江別市の人気直売所をご紹介します!

「週に一度だけ」というプレミア感♡花屋の駐車場を間借りした「ふたりのマルシェ」

アンビシャスファームが運営する「ふたりのマルシェ」は、週に一度、土曜日だけ、花屋の駐車場を借りて開かれる特別な直売所。

西洋野菜のロマネスコや、土からこだわって育てているブロッコリーなど、ファームでは約100種類の野菜を栽培しています。

この日のイチオシ野菜はズッキーニ。今の季節は、お隣のナスと一緒にラタトゥイユにするのがオススメなのだとか☆

カラフルなニンジンは、専用の袋に詰め放題で200円というサービス価格!!!

昨年からここに通っているというお客さんは、「(野菜に)イモムシがいるから絶対安心」と話していました。
イモムシがいるということは、おいしくて低農薬である証拠ですもんね★

パークゴルフ場の一角に産直が!お得がいっぱい「角山直売所」

パークゴルフ場の一角にある「角山特売所」。江別市の中でも、この角山地区でとれた野菜のみを販売しています。

大人気のトマトは、トーパーで販売しているものを食べ比べれば、その甘さに感動すること間違いなし♡

江別ではここにしかないという原木しいたけは、たっぷり入って200円と超お買い得!

50円という大根の値段にも驚きです。

こんなところにも!土のう置き場を利用した「江別河川防災ステーション農産物直売所」

江別河川防災ステーションの敷地内にある、その名も「江別河川防災ステーション農産物直売所」。
土のう置き場のスペースを借りて、産直販売をしています。

8月1日より販売を開始したゆできびは、「恵味ゴールド」という品種のトウモロコシをゆでたもの。

並んでいる野菜は朝どりのものがほとんどですが、前日収穫した野菜を値引きして販売していることも。
この値引きされた野菜を目当てに訪れる人も多いんですって!

産直レストランも併設!いろいろなことが体験できる「風の村直売所」へ

農薬をほぼ使用せず、1万2000坪の敷地で野菜を作っている「風の村直売所」。

栄養価の高いケールの品種はトップレベルで、海外からも買い付けがあるほど。

そんな風の村でおいしく食べられるランチメニューが、「季節野菜の包み焼ランチ」。

色とりどりの野菜が約10種類入っています。
ライプオリーブとニンニクを刻んだタプナードソースをトッピングしてシンプルに★ 野菜のみずみずしさがたまりません♡

敷地内には陶芸のアトリエがあり、レストランで使用する食器などは、ここで社長さんが手作りしているんですって!

このファームでは野菜などの収穫体験ができ、今時期はブルーベリーの収穫体験ができます。
野菜を買うだけじゃなく、食べたりもいだり、ここ1か所だけでもいろいろな体験をすることができますね♪

ちょっとブレイクタイム☆おいしいソフトクリームはいかが?「町村牧場」

途中の休憩にぴったりなのが、ソフトクリームがおいしい「町村牧場」。

夏の暑さで乾いた喉を、ミルク感たっぷりのソフトクリームで癒してくださいね♪

直売所めぐりを楽しむコツ☆市役所に置いてあるMAPを活用すべし

江別市役所では、農産物直売所や貸農園の情報が載ったMAPを配布しています。直売所は10か所掲載されていて、それぞれの直売所の特色が紹介されていますよ!
このMAPはホームページからもダウンロードすることが可能。直売所めぐりのお供に活用してくだいね♪