【札幌市】10人感染 うちススキノ関連2人 病院クラスター関連1人 感染ルート不明"リンクなし"6人

©北海道文化放送株式会社

札幌市は8月8日、市内で新型コロナウイルスの感染者10人を確認したと発表しました。

感染が確認されたのは20~80代の男女8人と、年齢非公表の男性、年齢性別とも非公表の人物の合わせて10人です。

札幌市によりますと、このうち1人は集団感染・クラスターが発生している「林下病院」の入院患者です。これで「林下病院」の感染者は計22名となりました。

またススキノ関連の感染者は2名です。これで"夜の街"関連の感染は30店舗54人となりました。

また10人のうち感染ルートがわからない「リンクなし」のケースは6人で、札幌市は「市中感染が広がっている疑いがある」としています。