Netflixから厳選!女性が主役のおすすめ海外ドラマ6選!

©株式会社AXNジャパン

海外ドラマでも、女性が主役を務めている作品が多くあります。時に美しく、時に華麗に演じる姿にぜひ注目してください!今回は、Netflixから女性が主役として登場している海外ドラマ作品を6つに厳選して紹介していきます。

女性が主役のおすすめ海外ドラマ1:女刑事マーチェラ

LONDON, ENGLAND - MARCH 11: Anna Friel attends The Prince's Trust and TKMaxx & Homesense Awards at The London Palladium on March 11, 2020 in London, England. (Photo by David M. Benett/Dave Benett/Getty Images)

海外ドラマ「女刑事マーチェラ」は、「ガールフレンド・エクスペリエンス」でもメインキャストを演じたアンナ・フリエルが主役の作品です。本作は2016年からイギリスで放送されているテレビシリーズで、2020年6月時点でシーズン3まで配信されています。気になるあらすじですが、主人公のマーチェラは夫からある日いきなり別れを切り出され、幸福だった家庭を失ってしまいます。プライベートな問題を抱えたまま刑事として復職するマーチェラは、優れた才能で発生した事件の犯人を追いかけていきます。そんななか、夫の不倫が発覚し、マーチェラは不倫相手を居場所を突き止めます。不倫相手と対決するマーチェラですが、次の瞬間、目を覚ますとなぜかバスタブのなかにいて、前後の記憶がありません。実はマーチェラは、精神が不安定になると記憶を失う性質を持っていたのです。そんななか、不倫相手が死体として発見されます。犯人は自分かもしれない。そんな不安を抱えながら、マーチェラは事件の真相を追いかけます。

女刑事マーチェラ

原題:MARCELLA

イギリス

more

女性が主役のおすすめ海外ドラマ2:アンという名の少女

海外ドラマ「アンという名の少女」は、L・M・モンゴメリ著「赤毛のアン」を題材にした作品です。本作は原作の舞台であるプリンスエドワード島やオンタリオ州南部などで撮影が行われており、そのリアリティ性が高い点が魅力です。また、ストーリーは原作の雰囲気を大切にしながら人種差別などをはじめ、現代の問題を取り入れており、時代に合わせてアレンジがされていることも特徴です。

TORONTO, ONTARIO - MARCH 31: Best Lead Actress winner for 'Anne with an E', Amybeth McNulty attends the 2019 Canadian Screen Awards Broadcast Gala held at Sony Centre for the Performing Arts on March 31, 2019 in Toronto, Canada. (Photo by GP Images/Getty Images)

気になるあらすじは、手違いで男の子を養子として迎えるはずだった農業を営む兄妹のところに主人公のアンがやってくるところから始まります。老いた兄妹は力仕事を任せる目的で男の子を望んでいましたが、アンを迎え入れることを決めます。果たしてアンはどのような生活を送っていくのでしょうか。原作に沿って物語が進みますが、物語が進むにつれて、原作にはない新たな登場人物によって、異なる展開になっていきます。原作を知っている人も、先の読めない展開を楽しめる点もおすすめ。

アンという名の少女

原題:ANNE

カナダ

more

女性が主役のおすすめ海外ドラマ3:アティエ

ISTANBUL, TURKEY - DECEMBER 17: Mehmet Gunsur and Beren Saat attend 'Atiye' Season One Netflix Premiere at Beykoz Kundura on December 17, 2019 in Istanbul, Turkey. (Photo by Pedro Gomes/Getty Images for Netflix)

海外ドラマといったらアメリカや韓国などがポピュラーですが、世界各国でもたくさんの作品が生み出されています。海外ドラマ「アティエ」は、トルコが制作した作品です。主人公のアティエは、画家として個展を開くほどの実力があるものの、母親に反対され苦悩しながらも恋人のオザンと幸せに暮らしていました。本作のあらすじは、舞台であるトルコのとある遺跡の発掘調査で、謎の記号が発見されます。なんとその記号は、アティエが子どものころから描いているシンボルと合致していたのです。奇縁に導かれ、遺跡へと足を運ぶアティエに、不思議な現象が次々と巻き起こります。オープニングシーンも印象的で、謎が謎を呼ぶ展開を楽しめる作品です。

女性が主役のおすすめ海外ドラマ4:ニミュエ 選ばれし少女

海外ドラマ「ニミュエ 選ばれし少女」はファンタジーが好きな人におすすめ。本作はアメリカ合衆国制作の海外ドラマで、2020年7月に配信されました。主人公である妖精族のフェイは、海外ドラマ「13の理由」のキャサリン・ラングフォードが演じています。本作はローマの支配下にあるイングランドで、キリスト教が魔術や生き物などを異教として駆逐している世界となります。あらすじですが、ニュミエは一族のなかで強い魔力を持っていることから、「魔女」と呼ばれ村で迫害を受けていました。儀式によって祖霊から「召喚士」として指名されますが、強い魔力があることで辛い思いをしてきたニミュエはその役割を放棄して村を出てしまいます。ところが海を渡ることができずに村に戻ると、騎士たちの手によって村が襲われていました。ニュミエも魔力を持っていることがバレてしまい、命を奪われそうになります。はたしてニュミエはどうなってしまうのか。広大なスケールで送る王道ファンタジーを楽しんでみてください。

女性が主役のおすすめ海外ドラマ5:クレイジーヘッド

LONDON, ENGLAND - SEPTEMBER 13: (L to R) Ria Zmitrowicz, Susan Wokoma and guest attend the LFW opening party hosted by Christian Louboutin & The Face at Jack Solomons on September 13, 2019 in London, England. (Photo by David M. Benett/Dave Benett/Getty Images for Christian Louboutin)

ホラーを楽しみたい人には、海外ドラマ「クレイジーヘッド」がおすすめです。本作は、2016年に公開されたイギリス産の海外ドラマになります。特筆すべきは、35mmカメラを用いて撮影している点です。またCGを用いるなど様々な面でこだわっているのが特徴。主人公はカーラ・テオボルトが演じるエイミーとスーザン・ウォーコマが演じるラクシエルのふたりの女性です。気になるあらすじですが、エイミーは人が悪魔に見える幻覚を見るようになり、ひょんなことからであったラクシエルから「その幻覚は悪霊である」ことを告げられます。信じられないエイミーでしたが、大切な親友が悪霊にとりつかれてしまい、ラクシエルに助けを求めて悪霊退治を行おうと奮い立ちます。全体的にホラー要素はあるものの、コメディ色が強い作品です。

女性が主役のおすすめ海外ドラマ6:アレス

MOSCOW, RUSSIA - JANUARY 06: Orthodox Christians pray as they celebrate the Orthodox Christmas at the Cathedral of Christ the Saviour in Moscow, Russia early on January 6, 2019. (Photo by Sefa Karacan/Anadolu Agency/Getty Images)

海外ドラマ「アレス」は2020年1月から配信された作品で、悪魔崇拝やカルト教団を連想させるようなおどろおどろしい雰囲気を楽しみたい人におすすめです。主人公・ローザは、医学生として日々勉学に励んでいますが、母が心の病を抱えていることから父と交代で看病しています。気になるあらすじは、不満を募らせるローザのもとに、音信不通だった友人のヤーコプと再会します。しかしヤーコプは、正体不明の組織に入会していました。ローザもまた、その組織に関心を持ち、入会しようとします。第1話のオープニングがとてもインパクトがあり、ついつい続きが気になって見始めると止まらなくなってしまう作品です。1話が約30分程度で、全8話の構成となっており、比較的短い時間で楽しめる点も魅力です。