シャルケ、2020-21新ユニフォーム3種類を同時に発表!「アウェイが面白い」

©株式会社コリー

ドイツ1部シャルケとキットサプライヤーのUmbroは7月、2020-21シーズンの新ユニフォームを発表した。

Schalke 2020-21 Umbro Home

19-20ホームキットは袖に派手なグラフィックを施していたが、新キットは余計な装飾を省いたシンプルなデザインが登場。胸スポンサーは「Gazprom」で継続する。

背面首元には引き続きクラブのモットー「Wir leben dich(我々はあなたと生きる)」をレタリングする。

パンツはホワイト、ソックスはブルー。新ユニフォームでも伝統のパターンは健在だ。

Schalke 2020-21 Umbro Away

新アウェイキットはかなりユニークなデザインが登場。左胸のエンブレムを中心に、ホームスタジアムのフェルティンス・アレーナと周辺地域の地図を描く。

パンツはブルーでソックスはホワイト。ホームキットとは反対の配色となる。

Schalke 2020-21 Umbro Third

新サードキットは淡いグリーンを基調としたデザインで、ボディ部分はメランジ柄のようにも見える。

パンツとソックスはどちらもブラックがベースカラーで、シャツとの色の組合せが格好良い。

各キットのコンプリートスタイルはこのような感じに。サプライヤーがUmbroに変更後では、新キットが最も優れたデザインかもしれない。

【関連記事】欧州サッカー 2020-21シーズン新ユニフォームまとめ