綾瀬はるか 自粛期間中に海外ドラマにハマり“ゾンビの倒し方”を習得!?

©株式会社フジテレビジョン

8月8日(土)、江崎グリコ主催の「JANKEN GLICO 2020 REMOTE」が開催。綾瀬はるか、妻夫木聡、藤原竜也、深田恭子、関水渚がアンバサダーを務め、615名の参加者とともに、じゃんけんグリコ(※)の真剣勝負に挑んだ。

※じゃんけんで勝った人が「グー」なら「グリコ」で 3 歩、「チョキ」なら「チヨコレイト」で 6 歩、「パー」なら「パイナツプル」で 6 歩進み、 先にゴールした人が勝者となる遊び。

「オンラインで同時にじゃんけんをした最多人数」のギネス世界記録登録も目指して行われた、白熱のイベントの様子をリポートする。

「男はグーだろう!」妻夫木と藤原が予想外の快進撃を見せる…!?

イベントは、アンバサダー5人と参加者全員による選手宣誓からスタート。それに続いて行われたのは、ギネス記録に挑戦する「オンラインじゃんけん」だ。

司会・木曽さんちゅうの掛け声に合わせて行われた参加者全員によるじゃんけんは、「後出しをしていないか」などをギネス公式認定員が厳しく審査。ギネス記録の結果はあとで発表されることに。

そしていよいよ、じゃんけんグリコ大会の予選がスタート。木曽とじゃんけんをして、勝った人が「グー」なら「グリコ」で3歩、「チョキ」なら「チヨコレイト」、「パー」なら「パイナツプル」でそれぞれ6歩前進。先に25歩進んでゴールに辿り着いた約100人が予選通過となる。

一般参加者は事前に登録した出し手の順番に沿って勝負に参加するが、アンバサダーはその場での真剣勝負。「男はグーだろう!」と1回戦にグーで勝利した妻夫木と藤原は、その後も4連勝し、「俺たちの時代が来ている!」と大喜び!

勢いに乗った2人は、8回戦で残りゴールまであと4歩に!「頑張ろう!」とお互いにエールを送り合うが、肝心なところで引きの弱さが出てしまい、残念ながらゴール到達ならず。

女性陣は、深田が1勝しかできずに足踏みを続ける一方、序盤戦で負けが続いた綾瀬は「これからですよ!」と不敵の笑みで巻き返しを図る。6戦連続勝利ナシだった関水も、両手を組み合わせて次の出し手を占う“秘策”を使い、快進撃を見せた。

そんな関水が一気に追い上げ、11戦目でゴールまであと1歩と先輩たちを“下剋上”するが、その時点でゴールに到達した一般参加者が106人を超え、予選終了。

決勝ラウンドでは、アンバサダーの救済措置として、綾瀬、妻夫木、関水がチャレンジャーとして引き続き勝負に参加。藤原と深田が木曽に代わって対戦相手を務めることになった。

そして決勝ラウンドは、妻夫木が予想外の強さを見せて盛り上げるが、4回戦終了後に一般参加者の2人がゴールに到達。藤原と2人による延長線を制したぽわりんさんが、見事、JANKEN GLICO 2020 REMOTEの王者に輝いた。

ここで、先にチャレンジしていたギネス記録の結果が発表に。オンラインで同時にじゃんけんをした最多人数は、364人で世界記録を樹立。綾瀬が代表で、ギネス記録の認定証を受け取った。

深田との“あっち向いてホイ”の真剣勝負で、藤原が撃沈!

イベント中には、アンバサダーが視聴者や参加者の質問に答える場面も。“あっち向いてホイ”なら「勝てない相手はいない」と豪語する藤原だったが、「勢いとスピードで頑張る」という必勝法がマイペースの深田にはまったく通じず、「勝てない相手がいました…」と苦笑。

そんな深田は「得意料理」を聞かれ、「時間を計ったりしなくても、美味しい半熟卵を作ることができる」と笑顔を見せた。

「梅雨の湿気で髪の毛のクセが普段以上に強かった日に、iPhoneのFace IDが認識してくれなかった」と、最近苦笑いしたエピソードを語り笑いを取った妻夫木は、関水の映画デビュー作(「町田くんの世界」)のオーディション前に本読みの相手を買って出ていたなど、面倒見のいい素顔も明らかに。

深田&綾瀬とは初共演となった関水は、お互いを「キョーちゃん」「ハルちゃん」と呼び合っている深田と綾瀬を、同じように呼んでみるようと言われ、遠慮がちに「キョーちゃん」「ハルちゃん」と呼びかける場面も。

自粛期間中に海外ドラマ「ウォーキング・デッド」にハマり、シーズン10まで一気見したという綾瀬は、「ゾンビの倒し方がわかりました」と告白。イメトレを重ねて編み出した“ゾンビの倒し方”を、キレキレのアクションとともに披露した。

イベントの最後には、「みなさんの笑顔が見られてよかった」と口を揃えた5人。藤原は「イベントが始まる前は不安もあったが、ステキな企画だった」と笑顔を見せ、妻夫木は「人の笑顔は人を幸せにする。こんなときだからこそ、思いを共有できてよかった」と感想を語った。