感染経路不明は「逃げ口上」「感染源はきっと大阪」 減らない感染者に、知事が指摘

©株式会社神戸新聞社

国立感染症研究所で分離された新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真像(同研究所提供)

 兵庫県は8日、新たに55人の新型コロナウイルス感染を発表した。20人以上の新規感染者が判明するのは12日連続。神戸市では、放課後等デイサービス施設を利用する10歳未満の男児4人を含む23人の感染が確認され、1日当たりの感染数は過去最多に並んだ。県内の累計感染者は1588人となった。

 この他の発表自治体別では、姫路市=2人▽尼崎市=10人▽西宮市=6人▽県所管分=14人。県所管と神戸市を含め、いずれも軽症か無症状という。

 年代では、20代が最多の16人。10歳未満はデイサービス利用者の4人で、10代は同じデイを利用する1人を含む2人だった。他は30代=5人▽40代=10人▽50代=8人▽60代=6人▽70代=4人。

 このうち、伊丹健康福祉事務所(伊丹市、川西市、猪名川町)に住む30代の自営業男性は、感染歴がある人と大阪市内の飲食店で会食したという。

 この日の感染者数について、井戸敏三知事は「減りませんね、本当に。感染源はきっと大阪だろう。そこでかかった人が家庭や職場、会食で2次感染させている」と指摘。「『感染経路が分からない』というのは逃げ口上で、大抵は飲食や夜の街に結び付く。陽性者の周辺をPCR検査して抑え込んでいくことが基本」と強調した。(まとめ・佐藤健介)