<レスリング>8月12日(水)にアジア連盟のオンライン表彰式…日本から太田忍(ALSOK)と笹山秀雄・女子強化委員長(自衛隊)が受賞

©公益財団法人日本レスリング協会

 アジア・レスリング連盟は、2019年のベストレスラー、ベストコーチ(以上3スタイル)、ベスト加盟国の表彰式を8月12日(水)午後2時(日本時間)からオンラインで実施し、インスタグラムで中継することを発表した。

《アジア連盟・インスタグラム》 ※8月12日午後2時(日本時間)

アジア連盟選出の男子グレコローマン2019年レスラー・オブ・ザ・イヤーに選ばれた太田忍(ALSOK)

 日本からは、男子グレコローマンのベストレスラーに63kg級世界チャンピオンの太田忍(ALSOK)、女子のベストコーチにアジア選手権、世界選手権とも国別対抗得点で優勝に導いた笹山秀雄・女子強化委員長(自衛隊)が選出されている。

 この賞は、アジアの団結と発展のため制定され、今回が第1回。本来なら6月にキルギスで行われる予定だったアジア・ジュニア選手権の最中に表彰式を行う予定だったが、新型コロナウィルスのパンデミック(世界的流行)のため大会がなくなり、代替で実施できる大会もないため、オンラインで実施されることになった。

 太田は昨年、世界選手権優勝のほか、3度のランキング・シリーズで優勝2度、2位1度と大舞台で結果を出しており、世界レスリング連盟(UWW)の「レスラー・オブ・ザ・イヤー」でも男子グレコローマンの2位に選ばれている。

 表彰選手・加盟国は下記の通り。


2019年ベストレスラー

【男子フリースタイル】ヌルコザ・カイパノフ(カザフスタン=70kg級、アジア選手権優勝、世界選手権2位)
【男子グレコローマン】太田忍(日本=63kg級、世界選手権優勝)
【女子】ロン・ニンニン=栄寧寧(中国=57kg級、アジア選手権優勝、世界選手権2位)


2019年ベストコーチ

【男子フリースタイル】ゴラムレザ・モハマディ(イラン=世界選手権で「金1」、アジア選手権で「金7・銅3」
【男子グレコローマン】モハメド・バナ(イラン=世界選手権で「銅3」、アジア選手権で「金4・銅3」)
【女子】笹山秀雄(日本=世界選手権とアジア選手権で国別対抗得点優勝)


2019年最優秀加盟国

カザフスタン=ハイレベルな世界選手権とアジア・カデット選手権を開催