米国のコロナ感染5百万人超える

連日千人が死亡、沈静化遠く

©一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス感染症の大流行の中、フェイスシールドを着けて野外ミサに参列する人たち=8日、米ロサンゼルスの天使のマリア大聖堂(ゲッティ=共同)

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズの集計によると、米国で確認された新型コロナウイルス感染者が8日、500万人を超えた。死者は16万人余りで、いずれも世界最多。1日当たりの感染者数は7月末以降、減少傾向にあるが、死者数はほぼ連日千人を超えており、沈静化には時間がかかりそうだ。

 早期に経済活動を再開した南部や西部の州での感染確認が依然多い。死者数は12月までに30万人に達するとの推計も。

 各州当局によると、感染確認数の最多は西部カリフォルニア州で約55万人。南部フロリダ州が約52万人、同テキサス州が約48万人。東部ニューヨーク州が約42万人。

米テキサス州で、新型コロナウイルス感染の疑いがある男性を病院に搬送する医療従事者=7日(ゲッティ=共同)