『FGO』読者による水着サーヴァント予想、第1位は“圧倒的なのだわ!”─4騎混戦の第3位を交わし、第2位には「メドゥーサ」がランクイン【アンケート】

©株式会社イード

『FGO』読者による水着サーヴァント予想、第1位は“圧倒的なのだわ!”─4騎混戦の第3位を交わし、第2位には「メドゥーサ」がランクイン【アンケート】

毎年、気温に負けないほど“アツい夏”が訪れる『Fate/Grand Order』(以下、FGO)。今年の周年記念や夏イベントの発表は、おそらく8月10日に行われる生放送で明かされるものと思われます。

この夏の盛り上がりに向けた前哨戦として、第12弾の強化クエストがスタートしているほか、5周年記念概念礼装

「英霊紀行」

がいち早く実装。「英霊紀行」はクエスト報酬で今年も2枚交換可能なので、どれを選ぶか悩んでいる方も多いのでは。ちなみに今回は、「英霊紀行ピックアップ召喚」も行われているので、どうしても3枚以上欲しい場合はそちらもご一考ください。

ですが、今年の水着サーヴァントは一体誰なのか、そこがやはり一番気になるところです。正解は実際の発表を待つ他ありませんが、インサイド読者の『FGO』ユーザーが誰の水着を予想、もしくは要望しているのか。その傾向について、アンケートを通じて調査させていただきました。

夏イベントの概要などもまだ明かされておらず、「今年は水着ではなく、例えば浴衣などになるのでは?」といった予想もあります。とはいえ、まだ定かではないため、本記事では夏イベント実装のサーヴァントを「水着サーヴァント」として扱い、期待する読者の声をランキング形式で紹介いたします。果たして誰が、最も水着化を望まれているのか。まずは、第1位から第3位の発表です!

第1位「エレシュキガル」:18%

第1位に見事輝いたのは、冥界の女主人「エレシュキガル」でした! 第七特異点「絶対魔獣戦線 バビロニア」で初登場を飾り、ヒロイン級の活躍を見せた「冥界のメリークリスマス」にてサーヴァントとして実装。1年越しのサーヴァント化を待ち望んでいた方は多く、当時の反響は相当なものでした。

そんな彼女だからこそ、水着化を望む声が大きいのも当然の話でしょう。全体の2割近い票を集めており、その人気ぶりを改めて実感させられます。また、去年から今年にかけてバビロニアがTVアニメ化されており、タイミングとしても絶好の機会と言えそうです。「イシュタル」に負けじと、エレシュキガルも水着姿を披露して欲しいところ。読者の期待が届きますように!

【読者コメント】(一部抜粋)

第2位「メドゥーサ」:8%

第1位は、『Fate』シリーズ全体として見ると比較的新しいサーヴァントでしたが、混迷の接戦を頭ひとつ抜け出し、長年愛され続けている「メドゥーサ」が第2位に食い込みました。メドゥーサは、シリーズ原点となる『Fate/stay night』に登場し、『Fate/EXTELLA』にも参戦。公開が迫っている劇場版『「Fate/stay night [Heaven's Feel]」III.spring song』での活躍にも期待が集まっています。

『Fate』シリーズ全般で存在感を見せているメドゥーサですが、こと『FGO』においては一部イベント(ぐだぐだシリーズなど)に登場する一方、なかなか大きな見せ場がありません。5周年を迎えるからこそ、長年シリーズを支えた立役者のひとりであるメドゥーサに輝かしい晴れ舞台を、と望む声が多いのも必然と言えるでしょう。

【読者コメント】(一部抜粋)

第3位「殺生院キアラ」「アナスタシア」「虞美人」「長尾景虎」:各6%

第3位は、なんと4騎が争う接戦となりました。まずは、直近のメイン・インタールードと復刻イベントで立て続けに出番があった「殺生院キアラ」。『FGO』の中でもかなり特徴的なキャラクターですが、それだけに期待度・注目度が高いようです。

【読者コメント】(一部抜粋)

そして、キアラに負けじと肩を並べたのが「アナスタシア」。第2部の序章で顔見せを済ませ、第2部 第1章で主人公一行に立ちはだかりました。終盤における彼女とカドックのやり取りも、実に印象的です。第2部勢はまだ誰も水着化していないので、その先陣を切る意味でも期待が集まっています。

【読者コメント】(一部抜粋)

第2部勢からの予想・要望は、アナスタシアだけではありません。第3章に登場し、ユーザーからの人気も非常に高い「虞美人」も、同票を獲得しています。彼女の本質や立場はかなり特殊ですが、それでいて親しみやすい一面を持ち、イベント出演率も高めな虞美人。水着化を果たせば、更なる活躍を見せてくれるに違いありません。

【読者コメント】(一部抜粋)

そして最後のひとりは、昨年のイベントで配布された「長尾景虎」。そのイベントは今年復刻されたので、新たに始めた人でも獲得しやすく、追い風となった模様です。配布キャラの水着化は、「織田信長」や「BB」といった前例があるので、その点でも期待が持てます。

【読者コメント】(一部抜粋)


ベスト10に滑り込んだのは「アタランテ」「セミラミス」「パッションリップ」「望月千代女」の4騎

第3位が同列だったため、次は第7位となりますが、こちらも4騎が混戦を遂げる展開に。その第7位に着地したサーヴァントは、「アタランテ」「セミラミス」「パッションリップ」「望月千代女」の4騎です。

『FGO』のメインストーリーでは、第1特異点と第3特異点に登場した「アタランテ」。昨年実装された「イアソン」の宝具演出にも参加するなど、意外な見せ場もありました。バトル面では「スカサハ=スカディ」と組んだ時の殲滅力の高さが圧倒的ですが、そろそろイベントでがっつり活躍する姿を見たい方が少なくないようです。

【読者コメント】(一部抜粋)

アタランテと同じく、『Fate/Apocrypha』に登場した「セミラミス」。『FGO』では、2018年のバレンタインイベントで主要キャラとして実装を果たしました。天草四郎とセットで各イベントに登場する機会が多いので、もし水着化されたら、天草の反応も楽しめそうです。

【読者コメント】(一部抜粋)

ガチャ産サーヴァントとしては、未だに唯一の★4アルターエゴ「パッションリップ」。「深海電脳楽土 SE.RA.PH」がメイン・インタールード入りを果たしたばかりなので、タイミング的にも絶好のチャンスと言えそうです。昨年の夏イベントでは、「メルトリリスが「謎のアルターエゴ・Λ」として水着化を果たしたので、その流れをうまく引き継げるかどうか。ここも注目したいポイントです。

【読者コメント】(一部抜粋)

第2部サーヴァントの水着化を望む声も根強いものの、第1.5部サーヴァントの水着化もまだまだ物足りません。その中でも特に、「望月千代女」を推す声が多く集まりました。毎年、日本由来のサーヴァントが水着化を遂げているので、その意味でも殺生院キアラや長尾景虎と同様、十分可能性はありそうです。

【読者コメント】(一部抜粋)

水着になって欲しいサーヴァントの予想・要望は尽きず! 読者から届いた生の声をまるっとお届け

■読者が予想する2020年の水着サーヴァント ベスト10

・第1位:エレシュキガル

・第2位:メドゥーサ

・第3位:殺生院キアラ

・第3位:アナスタシア

・第3位:虞美人

・第3位:長尾景虎

・第7位:アタランテ

・第7位:セミラミス

・第7位:パッションリップ

・第7位:望月千代女

読者予想・要望のベスト10は以上ですが、この他にも様々なサーヴァントを期待する声が寄せられました。その一部となりますが、こちらで読者の声を紹介したいと思います。

果たして、誰が実際に水着化を果たすのか。発表された後に、改めてこちらの予想と照らし合わせてみるのも楽しいかもしれませんね。

【読者コメント】(一部抜粋)


臥待 弦