上汽通用五菱、1~7月の輸出台数2万台達成

©新華社

上汽通用五菱、1~7月の輸出台数2万台達成

 6日、上汽通用五菱の世界市場向けモデル出荷式典で、出荷準備を整えた輸出車両。(柳州=新華社配信)

 【新華社南寧8月9日】中国の自動車メーカー、上汽通用五菱汽車は6日、世界市場向けスポーツ用多目的車(SUV)「宝駿(BAOJUN)530」の年初からの輸出台数(ノックダウン方式を含む)が2万台を達成したことなどを祝う出荷式典を行った。

上汽通用五菱、1~7月の輸出台数2万台達成

 6日、上汽通用五菱の世界市場向けモデル出荷式典で、車両と記念撮影する従業員。(柳州=新華社配信)

 同社は海外展開に力を入れており、南米や中東向けなど海外モデルを相次いで発売。新型コロナウイルスの流行期間中もオンラインで販売活動を続け、海外事業の新たなスタイルを確立した。1~7月の五菱ブランド車全体の海外での生産・販売台数は累計5万台を突破し、前年同期からの伸び率は37%に上った。売上高は35%増え、20億元(1元=約15円)余りとなった。宝駿530の累計輸出台数は2万621台に上った。

上汽通用五菱、1~7月の輸出台数2万台達成

 6日、上汽通用五菱の世界市場向けモデル出荷式典で、車両と記念撮影する従業員。(柳州=新華社配信)

 7月単月の五菱ブランド車の販売台数も、前年同月比1.5倍の9万9258台と好調だった。同社責任者は、新型コロナの影響で実店舗での販売が落ち込む中、デジタルマーケティングを展開して多様なオンライン販売チャネルを形成したほか、研究開発力を強化して、新エネルギー車(NEV)を複数モデル開発したと説明している。

上汽通用五菱、1~7月の輸出台数2万台達成

 6日、上汽通用五菱の世界市場向けモデル出荷式典で、出荷準備を整えた輸出車両。(柳州=新華社配信)

 同社は上海汽車と米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)、広西汽車集団(旧社名・柳州五菱汽車)の合弁会社で、広西チワン族自治区柳州市に本拠を置く。(記者/楊馳、何静蓉)