抑止力強化へ理解を―自民

敵基地攻撃力に慎重―公明

©一般社団法人共同通信社

公明党の斉藤鉄夫幹事長

 自民党の稲田朋美幹事長代行は9日のNHK番組で、北朝鮮の脅威拡大などを踏まえた抑止力強化の議論に理解を求めた。公明党の斉藤鉄夫幹事長は敵基地攻撃能力の保有に慎重姿勢を表明。野党は「軽はずみな議論はやめてもらいたい」(立憲民主党の福山哲郎幹事長)と批判した。

 稲田氏は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の計画断念でミサイル防衛に穴があいてはならないとして「まず政府に代替策を出してほしい」と述べた。敵基地攻撃能力に関する自民党提言について「相手領域内でも阻止する能力を、憲法や国際法の範囲内で保有するとまとめた」と説明した。