高校野球の交流試合、10日開幕

選抜選出の32校が出場

©一般社団法人共同通信社

兵庫県西宮市の甲子園球場

 2020年甲子園高校野球交流試合は10日、甲子園球場で開幕する。新型コロナウイルスの感染拡大で中止になった今春の第92回選抜大会に選出された32校が出場、熱戦がスタートする。

 開会式は午前9時15分から行われ、第1試合で対戦する大分商と花咲徳栄(埼玉)の2校だけが参加。選手宣誓は大分商の川瀬堅斗主将と花咲徳栄の井上朋也主将が務める。第2試合では明徳義塾(高知)と鳥取城北が顔を合わせる。

 交流試合は10~12日、15~17日の計6日間行われ、雨天の場合は順延する。新型コロナ感染防止策として、原則無観客で開催。控え部員や保護者の入場は規定内で認められている。