SNS映えするワタシノマルシェ♡八百屋じゃなくてマルシェです

©北海道文化放送株式会社

オシャレなたたずまいで「SNS映えする」と人気に!
2020年6月、ススキノにオープンした「ワタシノマルシェ」。新型コロナウイルスの影響で休業した飲食店を間借りしました。

カフェと八百屋に意外なコラボレーション♡オシャレな佇まいがSNS映えすると人気に

店内にはたくさん野菜が並んでいて、八百屋としても営業しているんです。

併設のカフェでは、イチゴをあしらったソフトクリームや、りんご飴など新鮮な果物を使ったスイーツが楽しめるんです。

instagram ユーザーからは、「お花や野菜のディスプレイがとっても素敵」「トマトが最高に美味しくてしばらく通いそうです」など、好評のコメントが♡

コロナ禍で売り上げ8割減…減収がきっかけで始めた「ワタシノマルシェ」

「ワタシノマルシェ」を経営するのは、札幌市内で青果の専門店を営む水戸康人さんです。
飲食店やホテルなど、ススキノが主な取引先だった水戸さんのお店。ススキノにお客がこない状態がコロナになってからしばらく続いたので、お店の売り上げは8割減になってしまったそう。
飲食店向けの売り上げが減った分、新しい販売先を開拓しようと始めたのが「ワタシノマルシェ」なんですって。

お店のプロデュースを担当する健康食育マスターの長岡未来さんは、「店に入っただけで、日常とは違うとか、ここに来ると元気になる空間になったらいいな」と話していました。

野菜離れが進み、青果店になじみのない若者を呼び込もうと考え、SNS映えを意識した結果、若者が野菜を買って写真を撮っていくようになったそう。
「これをきっかけに野菜をもっと食べてほしい」と、水戸さんは期待を寄せています。

オープンにまつわるもう1つの理由…「ススキノラフィラ」の閉店

2020年5月、すすきの駅直結の大型商業施設・ススキノラフィラが閉店。青果などを扱う市民の台所がなくなったのです。
取引先であるススキノの飲食店にとっては死活問題なので、新しい形態の店舗で青果店復活を思いついたそうです。

思いが詰まった「ワタシノマルシェ」。8月16日までの期間限定営業なので、気になる方はお早めに!