英、フランス発の密航急増で苦慮

EU離脱も難民対策に影響

©一般社団法人共同通信社

密航者とみられるグループを船で英南東部に移送する英国境管理当局者ら=7日(英PA通信=共同)

 【ロンドン共同】フランス北部などから小船で海峡を渡り、英国への密航を図る難民が急増している。英国には欧州連合(EU)の規則に基づき密航者を送還する権利があったが、EU離脱により来年以降は無効となる恐れがある。対応に苦慮する英政府は、軍を派遣して密航船を追い返す強硬策の検討を始めた。

 BBC放送によると、英内務省は6日、幼児や妊婦も含め、ゴムボートなどで海峡を渡った密航者を計235人取り押さえたことを確認。1日の人数としては過去最高で、7月も前年同月の約5倍に当たる千人以上が英国に渡航し、下院が急増の理由の調査を始めた。