EXITの『ハーゲンダッツ』新CM出演に不満噴出「高級感ダダ下がり」

©株式会社日本ジャーナル出版

Krakenimages.com / Shutterstock

渋谷系ネオチャラ男コンビ『EXIT』が、8月10日から『ハーゲンダッツ』の新CMに出演することが分かった。意外な人選に、驚きの声が続々と上がっている。

8月10日公開の同CMは、「王道チョイス」編、「オトナチョイス」編、「食感チョイス」編、「贅沢チョイス」編の4バージョン。バニラやラムレーズンなど主力商品全8種類の魅力を、EXITらしい軽快なテンポでプレゼンしつつ、最後はどちらも選びきれずにおいしさに浸る… そんな〝選びきれない幸せ〟を表現した仕上がりになっている。

5日に公式YouTubeにて更新されたメーキング映像では、兼近大樹が『ハーゲンダッツ』の思い出として「初めて食べたのは、小学校の給食なのよ」と意外な過去を告白。すると、相方のりんたろー。は「ウソだね!?」とツッコミを連呼しつつ、「そんな『ハーゲンダッツ』さんのCMをやらせてもらえるなんて、エモいね」と感慨深く話すのだった。

『EXIT』とハーゲンダッツは相性が悪い!?

「同社はこれまで、〝大人の高級アイスクリーム〟というイメージ戦略のため、歴代CMキャラクターには真矢みきや柴咲コウ、中条あやみといったそうそうたる女優陣を起用しています。今回『EXIT』が起用されたのは主に20代女性からの人気を期待してのことでしょうが…」(芸能ライター)

今までの人選からあまりにもギャップがあり過ぎたのか、ネット上では、

《ハーゲンダッツってちょっと高級感あるアイスだったのに、この起用は違う》
《柴咲コウ、中条あやみときてナゼEXITなのか知りたいわ アンチとかじゃなくハーゲンダッツの雰囲気に合ってなさ過ぎる》
《高級感がダダ下がり…》
《とりあえずハーゲンダッツのイメージではない》

など、疑問の声が噴出。また、兼近の過去に起こした不祥事事件を引き合いに出し、

《どういうキャスティングしようが企業の勝手だが、犯罪に対してそういう意識の企業なんだなって思う》
《どういうマーケティングしたらこうなるんだろう》

などと、不満に思っているような意見も投げつけられていた。

過去の同様の例として、ヘアスタイリングブランド『リーゼ』のイメージキャラが石原さとみから指原莉乃へ、コスメブランド『SK-Ⅱ』では綾瀬はるかから渡辺直美に変更され、批判的な多く声が上がっていた。もはや時代は高級志向ではなく、一般層に合わせたカジュアルさが優先されるのかもしれない。

【画像】

Krakenimages.com / Shutterstock