京急電鉄1000形、計8両新造 - 品川駅付近の連続立体交差事業も推進

©株式会社マイナビ

京浜急行電鉄は7日、鉄道事業において、2020年度は総額約175億円(うち安全対策設備投資は約148億円)の設備投資を行うと発表した。ただし、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、計画を変更する場合がある。

おもな内容としては、利用者のホームからの転落や列車との接触を防止するため、新たに平和島駅、京急鶴見駅、京急東神奈川駅、日ノ出町駅、追浜駅、汐入駅でホームドアの設置工事を進めていく。

より快適な車内環境の提供をめざし、2020年度は1000形を4両2編成、計8両を新造するほか、既存車両の更新・改造も行う。信号保安設備の増設・更新、電気施設の更新改良、高架橋の耐震補強、橋梁補修などの防災・地震対策を継続し、安全性の向上にも努める。

その他、駅のエスカレーター更新、駅舎の改修など改良工事を実施して利便性向上を図る。4月1日に都市計画事業の認可を取得し、本格的な工事着手となる品川駅付近の連続立体交差事業、また現在、設計等を進めている羽田空港第1・第2ターミナル駅引上げ線新設工事など、将来の成長に向けた投資についても着実に進めていくとのこと。

安全対策関連の約148億円の内訳は、ホームドア設置工事が約17億円、変電所・電気保安設備などの電気施設の更新・改良が約21億円、防災・地震対策が約9億円、駅改良工事(耐震補強含む)が約19億円、新造車両と車両更新が約26億円、連続立体交差化工事が約17億円、その他安全対策(運行管理支援システム、工場、検車庫の改良・改修など)が約39億円となっている。