ローマ教皇、核なき世界呼び掛け

被爆75年で訪日振り返り

©一般社団法人共同通信社

サンピエトロ大聖堂の窓からメッセージを読み上げるローマ教皇フランシスコ=9日、バチカン(AP=共同)

 【ローマ共同】ローマ教皇フランシスコは9日、広島と長崎の被爆から75年がたったことに言及しながら、昨年の両市訪問を振り返り「世界が核兵器から完全に解放されるための祈りと努力」を改めて呼び掛けた。

 バチカンで開かれた日曜恒例の祈りの集会で述べた。教皇は昨年11月、教皇として38年ぶりに訪日し、両被爆地から核兵器廃絶の必要性を訴えるメッセージを発信した。