ゆるキャラGPへかわいくアピール 動画サイトでリモート交流

©株式会社上毛新聞社

 群馬県内のマスコットキャラクターにオンライン上で会える第3回マスコットキャラクター「リモートグリーティング」が9日、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信された。お笑い芸人、アンカンミンカンの富所哲平さんが司会を務め、「ゆるキャラグランプリ2020」にエントリーしている県内4キャラクターが出演。特技を披露し、かわいらしさを売り込んでいた。

 みどり市のみどモス、JA邑楽館林のでんえんまる、安中市のこうめちゃん、しののめ信用金庫のケロンがリモートで出演=写真。ゲストとして、みどり市の観光大使を務めるモデル、横塚沙弥加さんが加わった。

 みどモスは市笠懸庁舎でリフティングなどを披露。みどモスが使う名刺のデザインを31日まで募集していることなどを告知した。

 同企画は新型コロナウイルス感染拡大を受け、富所さんが運営するユーチューブの番組「とみちゅ~ぶ」で、心を癒やし、元気が出るイベントとして6月から始めた。

 ゆるキャラグランプリは9月25日まで投票できる。