安全運行誓う 県防災ヘリ「はるな」墜落事故2年 草津で追悼式

©株式会社上毛新聞社

 群馬県防災ヘリコプター「はるな」の墜落事故で死亡した県防災航空隊員と消防職員9人の殉職者2周年合同追悼式(県、吾妻広域町村圏振興整備組合、県消防長会主催)が9日、草津町の草津音楽の森国際コンサートホールで開かれた。新型コロナウイルス感染拡大防止のため規模を縮小して実施され、遺族や消防関係者ら71人が殉職者の冥福を祈り、事故の再発防止や安全運航に向けて決意を新たにした。

 式には、事故で亡くなった消防職員7人の遺族43人と、消防関係者や県職員、ヘリの運航を委託されていた東邦航空(東京都)の社員ら28人が参列した。参列者は9人の遺影が飾られた祭壇に向かって約1分間黙とうをささげ、献花した=写真

 「はるな」は2018年8月10日、中之条町の山中に墜落し、搭乗者全員が死亡。県防災航空隊に派遣されていた2人を含む7人が消防職員で、他の2人は東邦航空の社員だった。翌日に全線開通を控えた「ぐんま稜線(りょうせん)トレイル」の視察のため飛行していた。