福士蒼汰がダークヒーローに挑む『DIVER-特殊潜入班-』特報映像が公開!

©株式会社フジテレビジョン

9月22日(火)21時よりスタートする、福士蒼汰主演、フジテレビ系5週連続特別ドラマ『DIVER-特殊潜入班-』の特報映像が公開された。

悪の組織に潜入し、どんな手段を使ってでも闇の根源を駆逐するという凶悪性を持つ福士演じる黒沢の表情や、アクションサスペンスとして疾走感満載の映像となっている。

<『DIVER-特殊潜入班-』特報映像>

この作品は、「グランドジャンプ」(集英社)で連載されていた人気漫画「DIVER-組対潜入班-」(大沢俊太郎)が原作。福士が演じる主人公の黒沢兵悟(くろさわ・ひょうご)は、かつては警察も手を焼くほど巧妙な手口を考え出す犯罪者だったが、その異常なIQ・判断力・身体能力が認められ、極秘で結成された「潜入捜査チーム(通称D班)」の一員となる。その仕事は、悪の組織に潜入して情報や証拠をつかみとる、ともすれば命を落としかねない特殊捜査だ。

黒沢兵悟 (福士蒼汰)

そのD班のメンバーのひとり、佐根村将(さねむら・しょう)を野村周平、D班の班長、伊達直哉(だて・なおや)を安藤政信、兵庫県警本部長でありながら、D班を極秘に結集させ、影でD班を操る阿久津洋子(あくつ・ようこ)を、りょうが演じる。

『DIVER』で初のダークヒーロー役に挑む福士は、役作りにあたり「兵悟の中にある“闇”をどう表現するか考えながら撮影に臨んでいます。潜入捜査官なので、いろんなキャラクターを演じる感覚でお芝居をしています」と話す。

3度目の共演になるという野村について福士は「お互い少し大人になった今、また共演できるのがうれしいです。軸の部分は変わらず、安心感や安定感も味わっています。野村くんとは、今までは同級生の役での共演でしたが、『DIVER』では、野村くんが年下の役で僕に敬語を使うのが新鮮で、楽しみながら演じています」と話す。

初共演となる安藤については「他の人の動きに常にアンテナを張っていて、芝居の中での心情に対しても常に寄り添って、現場で僕が気づけなかったことなどもフォローをしていただいています」と語った。

同じく初共演のりょうについては「美しさの中に、とても強い芯のある女性という印象を抱いていましたが、今回演じられる阿久津というキャラクターも、強さとミステリアスが共存する役でもあり、とても楽しみです」とこの先に待つ共演シーンへの期待を込める。

<あらすじ>

舞台は、兵庫県神戸市。急増する犯罪組織に対抗するため兵庫県警に秘密裏に設けられた潜入捜査チームがあった。通称「D班」と呼ばれ、悪の組織に潜入する“DIVER(ダイバー)”たち。命を落とす危険と隣り合わせの仕事だ。

「最強で最凶の潜入官」と呼ばれる捜査官・黒沢兵悟(福士蒼汰)は、犯罪者を逮捕するためには仲間をもだまし、多少の犠牲もいとわない冷酷非道な「最凶の男」。七変化しながら悪に近づき、悪に手を染めながらも、自身の正義で悪を駆逐する。

佐根村将(野村周平)は、元海上自衛隊のエリートだったが、ある真相をつかむため、D班の一員になる道を選ぶ。そんなD班の指揮をとるのは、伊達直哉(安藤政信)。特殊潜入捜査チーム「D班」を招集した県警本部長・阿久津洋子(りょう)の指示を受け、様々なミッションに挑む。