「見えぬ敵、この国に問う」勝海舟・玄孫が語る「GoToトラベル 国民の迷走は誰のせい? 」髙山みな子さん 《上》

©株式会社ラジオ関西

明治維新へ突入する直前、ただの漁村であった神戸に、港町としてのポテンシャルを見い出した人物がいた。勝海舟(1823~1899)。神戸海軍操練所は1864年に海舟の進言で設置される。戊辰戦争の際に西郷隆盛と協議して江戸無血開城に導いた幕臣・海舟は、明治維新後も新政府で要職を歴任。2020年、海舟が乗った「咸臨丸」が江戸・品川を出航、太平洋を渡りアメリカ・サンフランシスコに入港して160年を迎えた。

神戸海軍操練所跡・石碑(神戸市中央区新港町)
勝海舟がミナト神戸の潜在能力を見出す

安倍首相をはじめ政治家は誰もが 、新型コロナウイルスの感染拡大は日本が戦後、経験したことのない国難だと言う。ではこの国難にどう立ち向かうのか。GoToトラベルキャンペーン、国民の迷走は誰のせいなのか。4月29日の昭和の日に引き続き、海舟の玄孫・髙山みな子さんに「新型コロナ・見えぬ敵が我々に問うもの」を聞く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

国民からさんざん批判を受けたアベノマスクの追加8000万枚って一体なに?と驚いた目を閉じるか閉じないかのうちに、アベノマスクから一般的なマスク姿で現れた安倍総理。「今はもう色々なマスクが市場に出ているので」。この変わり身の早さに国民は振り回されている。

「GoToトラベルキャンペーン」で旅に出かけよう、でも東京から出発する旅も東京が目的地の旅はダメ、高齢者や若者は宴会を伴う旅に行くな、不要不急の外出は避けて…東京ではキャンセル料の補填はしない、不満の声がでて補填します、まさに朝令暮改だった。補填しなければ当然都民から不満の声がでる、こんな簡単なこともあらかじめ想定できなかったのだろうか。

「GoToトラベルキャンペーン」、国民はどこに行き着くのか?

私が住む鎌倉・湘南では北海道から九州までバラエティーに富んだ車のナンバーをひんぱんに見かける。8月に入るとさらに渋滞が伸びた。「GoTo」のサービスを使わなければどこへ出かけていっても構わない、ということか。過敏になったごく一部の国民が「自粛警察」行為を大展開、これでは国民の気持ちは分断されてしまう。

神戸・南京町
大阪ミナミ・戎橋

■国民はバラバラ、ますます国の政策に効果なし

このところ押し寄せる感染者の拡大で、営業を続ける店、きちんと(営業時間の短縮要請などの指示に)従う店、この二つに不公平感が生まれるのは自然のこと。どんどん国民はバラバラになっていく。そうなればますます国の政策の効果がでない。

「やってまっせ!」とはいえ・・・

地域住民のいらだちを受け、また地域住民を守るために都道府県が独自の判断をする、47都道府県それぞれ事情が違うから方針はバラバラ、お隣り同士の自治体なのに足並みが揃わない。県境を超えた途端に同じ行動でも「お作法」が違ってしまい混乱を招く。関西ならば、兵庫・大阪・京都の一体化について「ただ何となく足並みは揃えるが…机の下で足の蹴り合い、知事どうしが個人的に牽制し合うだけ」というイメージが付きまとう。

小池・東京都知事の「特別な夏、帰省しないで」という訴えと、6日に広島で1か月半ぶりに会見し「高い緊張感のもと状況を注視する」と述べるも、帰省の自粛までは求めなかった安倍首相、この食い違い。新型コロナ感染への不安で人々の心は揺れ動くなか、政府の方針は予測不能の迷走台風のように進路が変わる、風に翻弄される羽根のようにどこへ飛んでいくかわからない。これでは国民は戸惑うばかりである。

髙山みな子さん

■知事たちの乱も政府は静観

お盆が近づくにつれて今度は地方自治体のトップたちまでが、この戸惑いの渦に巻き込まれつつある。井戸・兵庫県知事は「帰省を帰省をやめろというのは酷だ(否定するものではない)が、接待を伴う飲食店などを利用する目的での県境をまたぐ移動の自粛を」と決して歯切れ良いとはいえない。吉村・大阪府知事の「コロナにうがい薬」発言は前のめり感が否めない。ついに愛知、沖縄は独自の緊急事態宣言を出した。しかし政府は静観の構えだ。

~勝海舟には晩年、自身の来歴や人物評などを赤坂・氷川の自宅で縦横無尽に語った時事談話集がある。『氷川清話(ひかわせいわ)』。痛烈な時局批判もある。歯に衣着せぬ表現が小気味良い~

『氷川清話』明治31年(1898)ごろ刊行。海舟と交友があったジャーナリスト・徳富蘇峰が序文を記した。(髙山みな子さん所蔵)

海舟はこの 「氷川清話」 で「人はよく方針、方針というが、方針を定めてどうするのだ。およそ天下の事は、あらかじめ測り知ることの出来ないものだ。網を張って鳥を待っていても、鳥がその上を飛んだらどうするか」明治26年(1893年)の談話である。一旦方針を定めたものの、それが世情に合わなければよりよい方向へ改める、それならば意味があるし、国民も理解できる。

今回のGoToトラベルキャンペーンは「まあ世間の方針、方針という先生たちを見なさい。事がひとたび方針通りに行かないと、周章(あわてふためくこと)狼狽して、そのざまは見られたものではないヨ(「氷川清話」)」ということになってしまった。

海舟は「GoToトラベルキャンペーン」、どう見るか?(油彩肖像画 ジョージ・ブルック5世所蔵)

政府の方針がコロコロ変わるから国民は何に従えばいいのかわからない。従ったところで、またコロっと変わってしまったら?と疑心暗鬼、ひいては不信感となり、大きなストレスを抱えた国民は「どうせ政府のいうことは、何かあれば変わるのだから」と政府の方針に従わなくなるだろう。こうなると「日本」という単位で力を発揮して新型コロナウィルスを封じ込めるというのが困難になる。ではどうしたらいいのだろうか。(8月11日掲載・《下》に続く)