エンゼルスがスイープ喫す 大谷は今季初のマルチ安打

©MLB Advanced Media, LP.

【エンゼルス3-7レンジャーズ】@グローブライフ・フィールド

エンゼルスは先発のアンドリュー・ヒーニーが4回途中8安打5失点と大誤算。打線もレンジャーズ投手陣に6安打3得点に封じられ、3対7で敗れて3連戦スイープを喫した。レンジャーズ先発のランス・リンは5回までに109球を投げたものの、4安打2失点と試合を作り、今季2勝目(0敗)をマークして通算100勝を達成。大誤算のヒーニーは今季初黒星(1勝)となった。

3回裏にイサイアー・カイナーファレファのタイムリー二塁打で先制したレンジャーズは、4回裏に3本のタイムリーで4点を追加してヒーニーをノックアウト。5回表にトミー・ラステラの1号2ランで3点差となったが、直後の5回裏にはニック・ソラックのライトへの飛球がジョー・アデルのグラブに当たってスタンドイン(記録はアデルのエラー)する珍プレーで1点を追加した。その後は両軍が1点ずつを取り合い、レンジャーズが7対3で勝利。3番手のジョエリー・ロドリゲス(元中日)は1回無失点で今季2ホールド目をマークした。

エンゼルスの大谷翔平は「4番・指名打者」で先発出場。初回の第1打席でセンターへのヒットを放つと、4回表の第2打席は空振り三振に倒れたものの、6回表の第3打席でレフトへ技ありの二塁打を放ち、今季初のマルチ安打を記録した。8回表の第4打席では四球を選び、3打数2安打1四球1三振。今季の打率は.171、OPSは.666となった。