甲子園交流試合出場の磐城高 木村前監督の参加発表

©株式会社福島民報社

甲子園交流試合にノッカーとして同行することが決まり、ナインに激励の言葉を贈る前監督の木村さん(右)

 兵庫県西宮市の甲子園球場で開催される「二〇二〇年甲子園高校野球交流試合」に出場する磐城高のノッカーとして前監督の木村保さん(50)が参加すると正式に決まった。同校が発表した。

 木村さんは九日、同校を訪れ、選手らを激励。「三年生の最後の晴れ舞台に参加できてうれしい。全ての力をグラウンドにぶつけてほしい」と選手に言葉を贈った。

 木村さんは四月、福島商高に異動し、県高野連副理事長を務めている。岩間涼星主将(17)は「一緒に甲子園に行けることが本当にうれしい。絶対に勝って恩を返したい」と活躍を誓った。

 木村さんは十五日の国士舘(東京)との対戦に向け、十四日の移動日から野球部に同行する。春の選抜大会で袖を通すことができなかったユニホームを着て、試合当日のノックに臨む。