マイカーでまわろう! 3密を避けて動物に癒されるサファリパーク特集|夏はナイトサファリもおすすめ

©オートックワン株式会社

ドライブスポット/動物園のイメージ

赤ちゃん誕生も続々!「富士サファリパーク」

静岡県にある「富士サファリパーク」は、広大な敷地内で、富士山を背景に迫力ある動物を見て回れる日本最大級のサファリパーク。園内は「サファリゾーン」と「ふれあいゾーン」に分かれ、サファリゾーンはマイカーのほかバス、レンタルの4WDも用意されており、動物が愛車を舐めたら困る! という方も安心。2020年8月にはアメリカグマやライオンの赤ちゃんの公開も始まっていますよ!

(@fuji_safari)がシェアした投稿 -

基本情報

■住所:静岡県裾野市須山字藤原2255-27

■営業時間:9:00~15:30(3月11日~10月31日)、10:00~15:30(11月1日~3月10日)※8月は夏休み特別営業により入園受付時間を延長、詳細は公式サイトを確認ください

■定休日:なし

■入園料:大人(高校生以上)2700円、小人(4歳~中学生)1500円、シニア(65歳以上)2000円、3歳以下無料 ※マイカー入園の追加料金はありません

■入園料(ナイトサファリ):大人(高校生以上)1700円、小人(4歳~中学生)1700円、3歳以下無料

■駐車場:無料

ホワイトタイガーを見よう!「群馬サファリパーク」

「群馬サファリパーク」には主に8つのゾーンがあり、アフリカや日本、ライオンやトラなどのカテゴリ別で楽しむことができます。マイカーなら出口を出ない限り何周でもまわれてお得ですよ! また、春から秋の不定期で夕暮れサファリやナイトサファリのツアーが開催され、昼間とは違った動物たちの姿が見られます。ホワイトタイガーが肉にかぶりつく様子は必見です!

(@gunmasafari)がシェアした投稿 -

基本情報

■住所:群馬県富岡市岡本1番地

■定休日:水曜日(祝日、春・夏休み、GW、年末年始除く)

■営業時間:9:30~17:00(3月1日~10月31日)、9:30~16:30(11月1日~2月末日)※8月は9:00~17:00

■入園料:大人(高校生以上)2700円、小人(3歳~中学生)1400円 ※マイカー入園の場合、別途ガイドラジオ500円

■入園料(夕暮れ・ナイトサファリ):大人2700円、小人(3歳~中学生)1400円 ※ナイトサファリは別途、バス乗車料金500円

■駐車場:500円

洗車場完備で安心!「那須サファリパーク」

栃木県にある「那須サファリパーク」は、ホワイトライオンをはじめ猛獣やカバ、アメリカバイソンなど迫力ある動物約70種が放し飼いで飼育されています。貸し切りバスでのエサやり体験は臨場感たっぷり! また、夏休み中はシロサイにタッチできるなど様々なイベントも用意されているほか、もちろんナイトサファリも開催。洗車場もついているので、マイカーが汚れてもキレイに洗って帰れますよ!

(@nasusafaripark)がシェアした投稿 -

基本情報

■住所:栃木県那須郡那須町高久乙3523番地

■定休日:月ごとに公式サイトにて告知(2020年8月は全日営業)

■営業時間:9:00〜17:00(2020年8月8日~16日は8:30〜17:00)

■入園料:大人(中学生以上) 2800円、小人(3歳~小学生) 1900円 ※マイカー入園の場合、別途サファリナビ500円

■入園料(ナイトサファリ):大人(中学生以上) 2400円、小人(3歳~小学生) 1800円

■駐車場:無料

まとめ

いかがでしたか? 今回は、車に乗ったまま動物たちを見て回れる関東近郊のサファリパーク3つをご紹介しました。音声ガイドで動物の生態を詳しく学んだり、ナイトサファリでは猛獣の夜の顔が見られたりと、貴重な体験になること間違いなし。3密を避けてどこに行こうかと悩んでいる方にはぜひおすすめですよ!

[※掲載情報は2020年8月10日現在]

(各施設とも、コロナウイルスの影響により、休業や営業時間変更の可能性があります。詳しい営業時間や入館条件等については最新の情報を公式Webサイトなどであらかじめご確認の上、お気をつけてお出かけください)

▼おすすめお出かけスポット、関連記事はコチラ!