産直市で見つけた!珍しい野菜特集!!

©株式会社サンケイリビング新聞社

みなさん!こんにちは

「HAPPYDAYS(ハッピーデイズ)」です♪

最近、真っ白な「なす」に初めて出会ってその美味しさに衝撃を受けました。

まだまだ知らない、食べたことのない野菜がたくさんあるんだなぁと思い、産直市などで買える珍しい野菜を調べてみました!

今回は松山市湊町の「太陽市」さんで買えた野菜をご紹介します!!

白なす

出典:リビングえひめWeb

ホワイトベルとも言われていて、米なすと同じような形をしています。

表皮の色は真っ白で艶があり、ヘタの部分は緑色です。このような真っ白のなすには一般的な紫色のなすに含まれるアントシアニン系色素の「ナスニン」が含まれていないのが特徴です。

中の果肉も真っ白で種も気になりません。

果肉はみずみずしく、加熱調理すると程よく柔らかくなり、クセも無く美味しく食べられます。

【調理方法】

素揚げして色々なソースで食べたり、グラタンやパスタの具などにお勧めです。クリームシチューやクリーム煮などを白く仕上げたい場合にはこうした白なすが活かせます。

出典:リビングえひめWeb
出典:リビングえひめWeb
出典:リビングえひめWeb

イタリアナス

出典:リビングえひめWeb

プロスペローザとも言われていて、イタリアのトスカーナ地方で古くから作られてきた伝統品種とされている丸ナスです。

皮は思ったほど硬くはなく、果肉は緻密で、加熱調理するとナスらしい香りが立ち、食感も柔らかく美味しいです。

【調理方法】

基本的には加熱調理して食べるナスで、厚切りにスライスしてオリーブ油で両面こんがり焼き上げ、チーズや玉ねぎなどをのせてグラタンのように表面をさらに焼き上げたものや、トマトで煮たカポナータなどもお勧めです。

出典:リビングえひめWeb

エシャロット

出典:リビングえひめWeb

玉ねぎを少し小さくしたような外観で、「ベルギーエシャロット」ともいいます。欧米では一般的な野菜で炒めると香りがよく、フランス料理にもよく使われる素材のひとつです。

【調理方法】

炒め物、サラダ、煮込み料理、スープなどに使われ、みじん切りや薄切りにして肉や魚料理のソースにしたりすり下ろしたものをドレッシングに入れるなどするのがオススメです。

パプリカ

出典:リビングえひめWeb

今ではスーパーでも手に入るようになったパプリカ。100g以上の大型の肉厚ピーマンをパプリカと呼び、色は、赤や黄、オレンジなどカラフルです。紫や黒、茶、白といっためずらしい色もあります。

ピーマンのような青臭さや苦みがなく、甘くて、食感がジューシーです。

【調理方法】

煮込み料理の他、サラダなどの生食に向いています。オーブントースターなどで皮がまっ黒になるまで加熱し、皮をむいて食べると、一層、甘みが増します。色鮮やかなので、彩りにもなります。

出典:リビングえひめWeb

ベビーリーフ

出典:リビングえひめWeb

エンダイブ

エンダイブは別名「にがチシャ」とも言われ苦味が強いので、大きくなり始めたら「縛葉(ばくよう)」といって、内側に日を当てないように外側の葉を束ねて内側に光が入らないようかぶせることで白っぽい部分が多くなるように軟白処理されます。

ルッコラ

ルッコラは、ほのかにゴマのような香りがします。味は少しピリッと辛く、苦味も持っていますが、栽培方法や土壌によってもその度合いはかなり違うようです。強いものだと、辛い大根おろしほどの辛味を感じさせるものもあります。

トレビス

ヨーロッパが原産のキクニガナの一種で、チコリと同じ仲間です。トレビスと一見よく似た野菜に紫キャベツがありますが、全く別の植物で味も違います。トレビスは軸の部分は白く、葉先の部分が赤紫色で、そのコントラストがとても綺麗です。そして味はキャベツの香りは無く、苦味があります。葉はとても薄く柔らかいです。

上記の3種類の野菜はサラダセットとして販売されていました。エンダイブ、ルッコラ、トレビスの他に、春菊、サニーレタスも一緒に入っていました。

出典:リビングえひめWeb

■参考文献■ 野菜ナビ・オレンジページ・旬の野菜百科

いくつか紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか?

時期や旬によって店頭に並ぶ野菜は違ってきますが、珍しい野菜を探しに産直市巡りなどをしても楽しいかもしれませんね!!

出典:リビングえひめWeb