バーチャルライバー・月ノ美兎、新宿タイガーと食事!?「サブウェイでおごってもらいました」

©株式会社ニッポン放送

8月3日(月)深夜放送のラジオ番組『ミューコミプラス』(ニッポン放送・毎週月-木24時~)に、1stシングル『それゆけ!学級委員長』を10月7日(水)にリリースするバーチャルライバー・月ノ美兎が出演し、意外な友人関係について明かした。

バーチャルライブ配信者グループ・にじさんじ所属で、ソニー・ミュージックレーベルズからメジャーデビューすることを発表した人気ライバーの月ノ美兎が、ある人物と“友達”であるという話題でスタジオを驚かせた。

吉田尚記アナウンサー:月ノ美兎さんって、普通の友達はいらっしゃるんですか?

月ノ美兎:普通の友達いっぱいいますよ。普通じゃない友達は、新宿にいる虎の格好をしてる方(※新宿タイガー)、知ってますか?

吉田:タイガーマスク!?

月ノ美兎:タイガーマスクは、何回かご飯おごってもらいました

吉田:えーっ!? ほんと!?

月ノ美兎:新宿のゴールデン街のあたりで虎のマスクをかぶって大量の造花を背負って歩いている方なんですけど

西井万理那(アシスタント):それ、どうやっておごってもらってるの?

月ノ美兎:そのままお店に入って、あの後ろの造花みたいなのは取り外せるんですよ。それで隣の席とかに置いて、サブウェイでおごってもらいました

西井:すごーい!

新宿タイガーは、東京・新宿で40年以上、虎のお面をかぶりド派手な格好で新聞配達をしている男性で、ドキュメンタリー映画も昨年公開された。そんなタイガーと交友があるという月ノ美兎は、「タイガーと何を話したのか」という質問に対して「タイガーは公開中の映画を全部見ているので映画の話題が豊富だった」と明かした。