ケース厚わずか約7mm! ピアジェの“アルティプラノ”から新作のトゥールビヨンが登場

©株式会社ラクティブ

PIAGET(ピアジェ)は薄型機械式時計の“アルティプラノ”から、トゥールビヨン2種類を、それぞれ世界88本限定にて発売した。

1957年に薄さ2mmの伝説的なキャリバー“9P”を発表し、現在に至るまで、薄さへのあくなき探求心と革新的技術により200種類以上もの商品を発表した“アルティプラノ”。2020年には、世界最薄の薄型機械式時計を発売するなど、時計製造における高い技術をふんだんに発揮したシグネチャーウオッチだ。

今回の新作、アルティプラノ フライングトゥールビヨンには、厚さ4.6mmのピアジェ自社製薄型手巻ムーヴメントを搭載している。ムーヴメントのなかに厚さわずか2.8mm、重さわずか0.2g未満のトゥールビヨンキャリッジ、3本のチタン製ブリッジなどの薄型軽量部品、そして髪の毛ほどの薄さの複数の部品を用いており、まさにピアジェの時計製造技術の高さを証明する1本といえる。
また2時位置のトゥールビヨンと、8時位置の時刻表示で8の字を描く文字盤のデザインも特徴として挙げられる。

新作は、丁寧にエングレーブされたホワイトマザーオブパールの文字盤のユニセックスモデルと、サンレイパターンのブルーラッカー仕上げによる文字盤のメンズモデルの2種類を展開。なお、ベゼルとバッグルのクラスプ部分には、それぞれダイヤモンドがセッティングされている。

アルティプラノ”の名前は、南アメリカ・アンデス山脈の高原地帯から名付けられたもの。美しい山並みを想起させる美しい文字盤のデザインと、世界に誇る時計設計の技術を両立した1本だ。

<アルティプラノ トゥールビヨン>

Ref.G0A45030。K18PG(38mm径)。ケース厚7.35mm。3気圧防水。手巻き(Cal.670P)。世界限定88本。1302万4000円※10月以降発売予定
Ref.G0A45032。K18PG(41mm径)。ケース厚7.4mm。3気圧防水。手巻き(Cal.670P)。世界限定88本。1372万8000円※10月以降発売予定

【問い合わせ先】

ピアジェ コンタクトセンター
TEL:0120-73-1874
ピアジェ公式サイト
https://www.piaget.jp/