被爆・戦後75年 未来へ 平和な世界を 九州文化学園小中(佐世保)

©株式会社長崎新聞社

平和や命をテーマにした詩を発表する生徒たち=佐世保市、九州文化学園小中学校

 佐世保市花園町の九州文化学園小中学校(百津眞人校長)は平和集会を開き、児童生徒71人が黙とうをささげた。
 百津校長は講話で「人に対する思いやり、想像力を常に持たなくてはならない」と強調。「あなたの今の行為が他の人を幸せにする行為なのか、問い掛けながら行動する人になってほしい」と呼び掛けた。
 中学1年生は、平和や命をテーマに21人全員でつくった詩を日本語と英語で朗読。最後に「九文平和宣言」を発表し、代表生徒が「すべての命を大切にします」「毎日笑顔で楽しく過ごしていきます」などと力強く宣言した。