【小樽】SNSで人気の花手水めぐり。イチオシは住吉神社。

©株式会社サンケイリビング新聞社

今、インスタグラムなどで全国的に話題になっている”花手水”(読み方は、”はなてみず”だったり”はなちょうず”だったり色々な様子)。神社やお寺で参拝する前に手を清める手水に、お花を浮かべているものです。

各地の花手水の写真を見て「素敵だなぁ」と思っていたのですが、札幌市内でも期間限定の花手水を実施していたので見に行ってきました。

まずは、札幌の花手水をご紹介

現在、衛生面の配慮のために手水の柄杓を撤去している神社が多いようです。そんな中で「参拝者の心を和ませたい」と、札幌近郊の9つの神社が7月の連休限定で「花手水めぐり」を実施していました。すでに期間は終了していますが、私が実際に足を運んだ4つの神社をご紹介します。(実施中の花手水情報は後述します!)

まずは新琴似神社。色とりどりでフォトジェニック。

出典:リビング札幌Web

諏訪神社はひまわりやバラ、ガーベラなど黄色で統一されていました。

出典:リビング札幌Web

発寒神社は紫陽花がメイン。こんもりとボリュームもあり幻想的。

出典:リビング札幌Web

小さな手水にお花がぎっしり。手稲神社。

出典:リビング札幌Web

どの花手水も思わず何枚も写真を撮ってしまう美しさ。すでに終わっているのがとても残念。また実施してもらえたら嬉しいなと切に願います。

まだ間に合う!小樽の素敵な花手水を楽しめる。

9つの神社の花手水めぐりが終わってしまってがっかりしている方に朗報です。小樽まで足を延ばせばまだ楽しめるところがあるのです。それが…住吉神社です。

出典:リビング札幌Web

住吉神社は小樽で最も有名な、鎮座150年以上の神社。石畳の階段を登り、振り返ると海が見えます。ちょっと立ち止まって深呼吸すると海風が心地よく、清々しい気持ちになることは間違いありません。

出典:リビング札幌Web

こちらの神社は、風水師の李家幽竹さんが「小樽を訪れたら是非足を運んで欲しい。」と著書で紹介したパワースポット。金運・人間関係運・出会い運・結婚運をもたらすそうです。

小樽の住吉神社の花手水は8月24日まで!

住吉神社では、小樽市内の生花店「小樽フラワー」が協力して、7月4日から花手水を実施していました。10日ごとにお花が入れ替わり、毎回違った雰囲気を楽しめるのが魅力です。

出典:リビング札幌Web

「殺伐とする中、心が和む取り組みができないか」と始めたこの取り組みは、北海道新聞でも紹介されていました。

星野昭雄宮司にお伺いしたところ、「8月14日まで実施予定でしたが、大変好評だったので、祖先を思うお盆の時期…慰霊のためにも24日まで実施することにしました。」とのこと。

出典:リビング札幌Web
出典:リビング札幌Web

花手水をきっかけに清々しい神社の空気を感じ、自分の心と向き合ったりおみくじを引いたり。そんな休日も良いのではないでしょうか? 小樽住吉神社に是非行ってみてください。

住吉神社

小樽市小樽市住ノ江2丁目5番1号(駐車場あり)

(JR北海道「南小樽駅」下車徒歩8分)

0134−23−0785

http://www.otarusumiyoshijinja.or.jp