「ヨガマット」や「キャンプ用品」も? 自粛期間中に買って良かったものとは?

©株式会社ブレイク・フィールド社

1位は「Nintendo Switch」。「あつまれ どうぶつの森」人気も後押しし、自粛期間の友に

1位は「Nintendo Switch」でした。子どもから大人まで幅広い人気がありました。コメントを見ると、「誰でも手軽に遊べる点が大変重宝しました。普段はゲームをしない妻も直観的に楽しめるソフトが多く、家族みんなでコロナの自粛期間を楽しむことができました。コントローラなどを追加購入しなくてもすぐに二人でゲームができる点も良かったです」というように、自粛期間を楽しく過ごすことに貢献したようです。

「Nintendo Switch」で人気の「あつまれ どうぶつの森」も4位に入りました。友達同士でやっている人も多いですね。日本だけでなく世界中で人気です。メトロポリタン美術館の美術品データが利用できたり、マークジェイコブスやヴァレンティノなどのブランドがゲーム内で着用できる服を配信するなど、ビジネスにおいても注目されているようです。

2位は必須アイテムの「マスク」。価格はピーク時よりかなり下落

2位は「マスク」。新型コロナウイルス感染症の予防には必要不可欠のものです。一時期購入不可となり、ネットで高額で販売されていましたよね。

アスツール株式会社(東京都渋谷区)の運営する「在庫速報.com」によれば、通販サイトでのマスクの価格は4月24日の最低価格57円/枚をピークに、価格の下落が進み、6月10日には最低価格10円/枚と82%下落しました。また平均価格も4月24日の78円/枚から6月10日の20円/枚へと75%下落しています(※2)。

最近ではドラッグストアなどでも見かけるようになりましたが、コロナ前に比べるとまだまだ高いですね。マスクの着用を義務付ける施設も多く、自分だけでなく周りもマスクをしていないと安心できなくなってきました。

仕事だけでなくオンライン授業で「ノートパソコン」が活躍

3位には「ノートパソコン」がランクイン。仕事だけでなく、学校のオンライン授業受講のために購入した人も多いようです。それに伴い、Webカメラやイヤホン、スピーカーなどの周辺機器も売れたようです。購入したパソコンで、オンライン飲み会をした人もいるのではないでしょうか。

5位は「Amazon fire TV stick」。Amazonプライム・ビデオをテレビで見るために必要なアイテムです。「在宅の夫がいるため子供たちが騒がしくなるのでとても困っていましたが、Fire TV stickを購入したことでネットテレビや映画、アニメが見放題のため子供が楽しく家で過ごせるようになりました」というように、自宅で好きな映画やアニメが見られるため、外出できない時期に重宝したでしょうね。

「ヨガマット」や「キャンプ用品」も人気に

5位以下では、7位に「ホームベーカリー」が入りました。せっかく家にいるのだからと、自宅でパンを焼く人が増えました。一時期は、小麦粉がスーパーで品切れ状態になるほどでした。しかし、手でこねるのはけっこう大変ですし、発酵のタイミングを見計らうのもコツが必要なので、失敗なく作れるホームベーカリーが人気となったのでしょう。

8位に「ヨガマット」がランクイン。運動不足で太ってしまったり、体力の低下を感じたり、テレワークで肩や背中が凝ったという人も多いのではないでしょうか。自宅で動画を見ながらヨガやストレッチをするために購入した人が多かったようです。

10位に入ったのはハンモックや3人用テントなどの「キャンプ用品」。「自宅でじっと過ごす時間をどうにか充実させたくて、リゾート気分を味わいたく、ハンモックを購入しました。在宅ワークの合間や食後のゆったりとしたい時間にいつでもごろん、と横になることが出来て想像以上の癒やしを得ることが出来ました」というように、自粛期間でも自宅でアウトドア気分を楽しみたかった人が多いようです。

以上の結果から、自粛期間を有意義に過ごすためにみなさん工夫していることがわかりました。再び感染者が増えており、引き続き「おうち時間」を楽しく過ごせるよう考えなくてはいけませんね。

[出典]
※1:ランク王株式会社「自粛期間に買って良かったもの」(株式会社 PR TIMES)
※2:アスツール株式会社「在庫速報.com、マスク通販の最安値がついに10円/枚まで下落、ほぼコロナ前の水準に」(株式会社 PR TIMES)

執筆者:FINANCIAL FIELD編集部