春のセンバツ32校 甲子園で交流試合開幕

©株式会社 サンテレビジョン

新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となった春の選抜高校野球大会に選ばれた32校による交流試合が10日、甲子園球場で開幕しました。

開幕初日となった10日は第1試合で戦う大分県の大分商業と埼玉県の花咲徳栄の2校のみで開会式が開かれました。

交流試合は日本高野連が主催し12日までと15日から17日までの6日間の日程で開催。

試合は原則無観客で行われ、控え部員や保護者、教職員らが観戦します。

前の試合の選手が退場した後、ベンチを消毒するなど感染対策を徹底しながらの運営となります。

兵庫の明石商業は第5日の16日に登場する予定です。