【高校野球】東海大菅生が47年ぶり東西決戦制す 大逆転サヨナラで帝京下し東京256校の頂点へ

©株式会社Creative2

東海大菅生が帝京を破り“東西東京対決”を制す【写真:荒川祐史】

2点ビハインドの9回から猛烈な追い上げを見せ、サヨナラ勝利をもぎ取った

高校野球東西東京大会は10日、ダイワハウススタジアム八王子で47年ぶりに東西決戦が行われ、西東京代表の東海大菅生が3-2のサヨナラ勝ちで東東京代表の帝京を破り、東西東京大会出場243チーム256校の頂点に立った。

8回まで相手先発左腕・田代涼太投手の前にわずか1安打。2点を追う土壇場の9回、無死一、二塁から3番・森下晴貴外野手が値千金の2点適時三塁打で同点に。その後2者連続敬遠で満塁となり、6番臼井直生捕手が逆転サヨナラ中前打を放った。(佐藤佑輔 / Yusuke Sato)