ヒュルケンベルグ「9カ月もレースをしていなかったのだから7位は良い結果」レーシングポイント【F1第5戦決勝】

©株式会社サンズ

 2020年F1 70周年記念GP決勝で、レーシングポイントのニコ・ヒュルケンベルグは7位、ランス・ストロールは6位だった。

■BWTレーシングポイントF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=7位
 チームのためにポイントを獲得できて満足している。9カ月もレースをしていなかったのだから、7位は良い結果だ。

 楽なレースではなかったし、体力的にも厳しかった。だが、まずはいいスタートを決めて、1周目をうまく切り抜けることが重要だった。そうして、いったんレースが落ち着けば、その後はタイヤマネージメントや、このタイプのF1カーのドライビングについての経験を生かせると思っていた。だから、最初のいくつかのコーナーを無事に通過できた時には、これでまずはひと安心と思ったよ!

 第2スティントでは、タイヤのマネージメントが難しかった。そして、残念なことにもう一度ピットに入って、3ストップの戦略に切り替えざるをえなかった。ひどいバイブレーションが発生して、確実にフィニッシュすることを優先したからだ。

ランス・ストロール 決勝=6位
 レースのスタートはうまく決まって、いくつか順位を上げることができた。そして、レース序盤にはチームの2台が揃っていいポジションを走れた。

 ニコ(・ヒュルケンベルグ)とのバトルは楽しかったよ。ターン6でアウトから回り込んでいったん前に出たが、ブレーキを軽くロックアップさせて、また抜き返されてしまったんだ。その後はしばらく、ニコとふたりで4位と5位を走っていた。

 ところが、(シャルル・)ルクレールが1ストップ戦略を成功させ、さらにレッドブルの(アレクサンダー・)アルボンがものすごく速かったので、その順位を守りきれなかった。

 今日は堅実なレース戦略でポイントを重ねることができた。だが、僕らは常により多くを求めているので、ライバルたちが用いた他の戦略も検討して、そこから学びたい。ニコは今回もいい仕事をした。チームとして良い成績を残せたと思う。