【高校野球】「野球選手の性が出た」 甲子園交流試合を戦った4人の監督たちの“特別な夏”

©株式会社Creative2

「2020年甲子園高校野球交流試合」が甲子園球場で開幕した

明徳義塾・馬淵監督「やっぱり甲子園はいい」と噛みしめた

新型コロナウイルスの影響で中止となった選抜出場予定32校による「2020年甲子園高校野球交流試合」が10日、甲子園球場で開幕した。第一試合は花咲徳栄(埼玉)が3-1で大分商(大分)に、第二試合は明徳義塾(高知)が逆転サヨナラで6-5で鳥取城北(鳥取)に勝利した。一度は見失った目標の場所で選手たちは思う存分、野球を楽しんだ。一方で甲子園優勝監督を含む4人の監督たちも、特別な思いで、タクトを振った。

サヨナラの打球が右翼手の頭を越え、劇的な形で幕を閉じた第二試合。明徳義塾・馬淵史郎監督は興奮を隠せなかった。「9回2死まで負けていて、逆転サヨナラ……。やることやって、辛抱強く、最後にね…やっぱり甲子園はいいですね……」と喜びをゆっくりと噛みしめた。

最後に勝って夏を終えるのは、2002年夏の全国制覇以来。形は違うが「甲子園は注目度が違う。ここを目標に365日、やっていますから。耐えて、耐えて、目標のところに来た。最高の舞台でした」。試合は7回まで2点を取ったが、ノーヒットに抑えられていた。2-5と劣勢だった8回無死一塁から4番の新沢颯真内野手がようやくチーム初安打を放ち、そこから2点を返し、1点差に迫った。指揮官は「今日の点差はクリーンアップの差だよ」と叱咤すると、選手たちは奮起。9回、2死一、二塁と仲間が繋いでくれた絶好機を、新沢が4番の意地を見せ、サヨナラ打。馬淵采配が光った。

百戦錬磨の指揮官も、ひとつひとつのアクションに力が入っていた。無観客でも、交流試合でも関係ない。ここはいくつものドラマが生まれた甲子園球場。興奮していたことについて「やはり野球選手の性ですよ」と笑った。これまでと同じ気持ちで振ったタクトが逆転に次ぐ逆転、息を飲む1点差の好ゲームを生んだ。

一方、互角の戦いを見せた鳥取城北の山木博之監督は「勝って、校歌を歌えれば、最高でしたけど、本当に良い時間を過ごさせてもらいました。生徒も僕も楽しめました」と2時間27分の熱戦を振り返った。サヨナラの瞬間、選手たちの中には膝から崩れ落ち、涙を流す選手もいた。いつもの夏の甲子園と変わらない光景がそこにはあった。

「1人でも多くの選手にできるだけ、甲子園を経験させたいと思っていました。最後まで頑張った成果の場所。総力戦でこのような戦いができたことは自信になりますし、ここの土を踏めたことをこれからの人生につなげてほしいですね。2度と経験できることではありませんから……」

指揮官は最後に言った。「甲子園は夢の場所でした」、と。

花咲徳栄の岩井監督は試合前に選手を鼓舞「歴史の1ぺージを」

花咲徳栄は7月下旬に学校関係者の新型コロナウイルスの感染が判明し、学校は休校。野球部も練習休止になった。不安な気持ちを選手たちは抱いていたが、グラウンドに立てば、もう目の前のボールを追いかけるだけだ。選手たちは初回から躍動。プロ注目右腕の大分商の川瀬堅斗投手から3点を奪い、試合を優位に進めた。1点を中井大我捕手の押し出し死球で奪い、なお1死満塁。花咲徳栄の6番・渡壁幸祐外野手が右前へ2点打。鮮やかな一打が交流試合の“初安打”となり、記録された。

2017年の優勝監督でもある岩井隆監督は「交流試合の開幕戦は、歴史的にも初めてのことですから、やらせてもらうことだけでも光栄です。歴史の中の1ページで、花咲徳栄の1ページでもあります。初出塁、初安打、初打点、初犠打、初失策を含めてすべてが初になる。一人一人が初を目指せば、歴史に名を残せるぞ、と送り出しました」と試合前に選手たちを鼓舞したことを明かした。

その言葉に導かれるように、特別な甲子園に様々な足跡を選手たちは刻み、笑顔で交流試合を終えた。

敗れた大分商の渡辺正雄監督は試合後、選手たちの戦いぶりを称えていた。「生徒たちには本当にお疲れ様と言いたいです。結果的に勝つことはできませんでしたが、勝敗を超えたもの、ここに立とうという思いで、みんなと一緒できたことは良かったと思います」。最後まで手に汗握る戦いに、だんだん采配にも熱を帯びていった。

「(特別な大会だが)駆け引きだったり、色んな事で、夢中に戦いました。甲子園は本当に素晴らしく、成長させてくれたと思っています」

苦楽をともに生徒たちと過ごし、その集大成となった甲子園。監督たちにとっても、今年の夏は忘れられない記憶となった。(楢崎豊 / Yutaka Narasaki)