「対馬グローカル大学」9月開講 オンラインで無料講義 島内外の希望者募集

©株式会社長崎新聞社

大学教授らによる講義がオンラインでいつでもどこでも受講できる「対馬グローカル大学」のホームページ(対馬市役所提供)

 長崎県対馬市は国際的な視点を持ちながら学び、地域課題の解決に向けて行動できる人材を育成しようと同市初のオンライン学習サイト「対馬グローカル大学」を9月5日に開講する。対馬にゆかりのある大学教授ら41人が島嶼(とうしょ)生物学や離島経済論など約50講義を来年3月末まで配信。受講者は、期間中いつでもどこでも無料で受講できる。同市は島内外の高校生以上の受講希望者を今月17日まで募集している。
 対馬グローカル大学のサイトには、動画配信サイトを使って講義動画を視聴できる「web講義」のほか、ビデオ会議アプリを活用し少人数での議論ができる「オンラインゼミ」、チャットを通じ雑談などができる「仮想研究室」を設置。
 オンラインゼミには「食」(担当=内野昌孝・東京農業大教授)や「教育」(同=阿部治・立教大教授)など6分野があり、食ゼミでは対馬の赤米やせんだんごなど、教育ゼミでは環境教育などについて学ぶ。
 募集しているのは「web講義視聴コース」(人数無制限)のほか、仮想研究室も使える「高校生コース」(15人程度)、ゼミにも加入できる「大学生コース」「一般基礎」「一般専門」「ビジネス」の各コース(いずれも若干名)。一般専門とビジネスは、ミニリポート提出が修了要件となっている。
 申し込み、問い合わせは対馬グローカル大学サイト(https://tsushimaglocal-u.com/)。対馬市しまの力創生課(電0920.53.6111)。