東京円、106円台前半

©一般社団法人共同通信社

 連休明け11日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=106円台前半で取引された。

 午前10時現在は前週末比57銭円安ドル高の1ドル=106円16~17銭。ユーロは57銭円高ユーロ安の1ユーロ=124円44~49銭。

 米国が大統領令により追加経済対策に踏み切ったことで米景気見通しに対する悲観的な見方が後退し、ドルを買って円を売る動きが先行した。

 市場では「今後は米中対立をにらんだ展開になりそうだ」(外為ブローカー)との声があった。