36歳・大島由香里の初グラビアに厳しい声「子供いるのに脱いでる場合か!」

©株式会社日本ジャーナル出版

フリーアナウンサーの大島由香里が、8月7日発売の『週刊現代』で初のグラビアに挑戦した。

発売に先立って大島は6日、自身のブログを更新。《『すべてを脱ぎ捨てた』とありますが一応、布は身体についてます しかし…! ページを開いてみるとおそらく、想像の5倍くらいは大胆な格好をしているのできっと驚かれるのではないかと思います》とつづり、最後に《結構、腹くくって臨んだお仕事です これを機に新しい私の一面を知ってもらえたらうれしいです》などとアピールした。

「グラビアではグレーのビキニ水着を身にまとい、胸の谷間やプリッと張ったヒップを披露しました。『バラいろダンディ』(TOKYO MX)で大島と共演しているタレントの梅沢富美男は、収録前にグラビアをチェックしたそうで『大島のすべてを見ましたよ。私は尻好きだから。見事な尻。たまらないね』と、終始ニヤケ顔でした。大島も『若いうちにやっておきたかった』と照れながら説明していましたね」(芸能記者)

大島由香里のグラビアデビューに賛否の声

グラマラスなカラダを披露した大島に、ファンからは、

《まさかの大島由香里グラビア~! かわいい!》
《乳も立派だよな。この人》
《グラビア! いい脚っすね…笑》
《スタイルいいですね。第二弾も期待します》

など、歓喜の声が上がった。

しかし一方で、36歳になる彼女のグラビアデビューに、

《子供いるのに脱いでる場合か!》
《若いうちにって、もう36歳だろ。子どももいて。グラビアやるってどうなってんだ? 大丈夫か?》
《脊山を越えるためには、透けチクくらいやらんと》
《エロに走るとは落ちたなぁ…》
《何で最近の女子アナって脱ぎたがるの?》
《田中みな実にはなれんぞ》

などと、厳しい声も寄せられている。

「フジテレビ時代は推定Fカップといわれていましたが、明らかに2カップほどしぼんでしまったように見えますね。ブラウスの中身が気になっていたファンにとっては、ガッカリだったことでしょう。大島は3月に放送されたバラエティー番組『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に出演した際、『子どものために食事は手作りにこだわる』と言いながら、明らかに冷凍チャーハンと分かる食材をジップロックに移し替えていたことで大ブーイングを浴びました。それ以降、主に主婦層からかなりの反感を買っていますね」(エンタメ誌記者)

一時は元夫のフィギュアスケーター選手、小塚崇彦の〝ゲス不倫〟で同情を買った大島。しかし、今では人気も失墜し、昔の勢いは見る影もない。

起死回生を狙った初グラビアだったが、ファンにとっては少々物足りない内容だったようだ。

【画像】

HBRH / Shutterstock