アニメオタクのSnow Man・佐久間大介、声優初挑戦! 『ブラクロ』ゲスト

©株式会社マイナビ

アイドルグループ・Snow Manの佐久間大介が、25日放送のテレビ東京系のテレビアニメ『ブラッククローバー』(毎週火曜16:25〜)第140話で声優に初挑戦することが11日、明らかになった。

佐久間大介

同作は週刊少年ジャンプ(集英社)にて連載中の同名コミックのアニメ化作。魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点“魔法帝”をめざす、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー超大作となる。 2017年にアニメ化されて以来、迫力の魔法バトルシーンや個性的なキャラクターたちが繰り広げる群像劇が少年アニメの王道として注目され、現在は、原作では描かれていないオリジナルストーリーが話題を呼んでいる。

Snow Manは現在第11クールのオープニングテーマ「Stories」を担当しており、同曲は2nd Single「KISSIN’ MY LIPS / Stories」に収録される。今回、メンバーの佐久間がオリジナルキャラクター“マクサ“役で声優に初挑戦することに。佐久間演じるマクサは、主人公アスタたちが住むクローバー王国の騎士団本部魔道具研究所の研究員で、今回アフレコに初挑戦する佐久間のために本人をモデルとして制作された。

佐久間は芸能界屈指のアニメオタクであり、先日Snow Manの公式YouTubeチャンネルにて 配信されたアニメの企画の中でも「ブラッククローバー」について熱弁していたという。

佐久間大介 コメント

本当に嬉しかったです!
まさか、こんなに早く僕の夢だった
アニメのアフレコをさせてもらえるなんて。
大好きなブラッククローバーでオリジナルキャラの
「マクサ」を演じられて本当に光栄で、
凄い魔法をかけられた気分でした(笑)
「マクサ」は研究が大好きであり、好奇心旺盛で
一生懸命な子なのでいろんな人に
愛されるんじゃないかと思っています。
「マクサ」がまたアスタ達と一緒に活躍できるように、
今の僕ができる全力で挑ませていただきました。

(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会