森七菜が眞島秀和主演「おじさんはカワイイものがお好き。」で語りを担当

©株式会社東京ニュース通信社

森七菜が、眞島秀和が主演する、日本テレビ系で8月13日スタートの連続ドラマ「おじさんはカワイイものがお好き。」(木曜午後11:59=読売テレビ制作)の語り手を務めることが決定した。

森は「キュートな物語の大切な要素として選んでいただけたことをうれしく思います。私の語りも皆さんに“お好き”になっていただけますように頑張りました!」と語っている。

同作は、ツトム氏による同名漫画を実写化。渋く、紳士的で、容姿端麗、仕事もできる“イケオジ”ながら、実は“カワイイものが好きすぎる”主人公・小路三貴(眞島)が、見た目とのギャップがあり過ぎる秘密を機密のように抱え、葛藤しながら暮らす姿と、デザイナーの河合ケンタ(今井翼)ら、同志たちとの交流を描いた“おじカワ”コメディー。

2019年公開のアニメ映画「天気の子」でヒロイン・天野陽菜役に抜てきされ、脚光を浴びた森。その後、NHK連続テレビ小説「エール」でヒロインの妹・関内梅を演じて朝ドラ初出演を果たすなど、注目の新進気鋭の女優だ。また、今年3月には、第14回の声優アワードで新人女優賞を受賞している。そんな森の透明感あふれるピュアボイスが、オジサンたちのドラマでどのような音色を奏でるのか、注目が集まる。

小島祥子プロデューサーは「このドラマに出てくる登場人物たちはみな不器用ながらも、とにかく一生懸命に真っすぐ真摯(しんし)に生きている人たち。そんな小路さんたちをそっと見守り、優しく包みこんでくれる存在感を求め、森さんに“語り”をオファーしました」と起用理由を伝え、「ナレーション収録の場に現れた彼女は、とにかくかわいらしく、スタッフ一同メロメロに。ピュアで透明感があり、どこか中性的な“語り”が、『おじカワ』の世界にぐっと奥行きを出してくれました」と称賛。そして「冒頭から次回予告まで一貫した独特の世界を作れていると自負しておりますので、ぜひ最後まで余すところなく“おじカワコメディー”をご堪能ください!」とアピールしている。