レジ袋有料化、客のエコバッグに不満の声「生ごみ入れてたの?ってぐらい汚くて臭い。触りたくない」

©株式会社グローバルウェイ

レジ袋有料化で店員のストレス増

ビニール袋が有料化し、マイバッグを持ち歩くようになった人が増えた。スーパーなどで商品数が多ければサッカー台で客が袋詰めするが、ドラッグストアやコンビニなどの場合、店員が袋詰めすることもある。

しかし「汚いマイバッグに商品を入れるのが苦痛」に感じている店員からの声が多数寄せられている。客が持参するエコバッグはきれいなものばかりではないようだ。(文:林加奈)

「エコバッグの袋詰めは客か、店員か」別れる議論

そもそも「マイバッグなのだから、自分で入れるべきでは?」(佐賀県/50代女性/スーパー)と、店員が袋詰めすることに対して疑問を投げかける声もある。その一方、

「『生ゴミ入れてたのかな?』ってくらい何かのカスがついていて汚れた使いまわしレジ袋を持ってくる人とかいて、袋持参の人は自分で入れてもらうことになった」(50代女性/山口県/コンビニ)

といった回答もあった。袋詰めは誰がするべきか、店によって議論がわかれているところだろう。

「触らないで自分でやるから」と怒鳴る客にもストレス

宮崎県に住む50代女性が勤務する小売店では、店員が袋詰めをしている。「いろんなにおいがついたバッグだったり、汚れていたり。マスクをしているのに臭うって…」と不快感を露わにしている。

スーパーのレジで働く30代の女性も、客が持参するエコバッグについてこう語る。

「袋が汚い、臭い。『これに入れろ』と汚れた臭いエコバッグを出される。自分の店の袋ではない、他店の袋を出されることも。また、何度も使いまわしているようで、ベタベタしていてカビのついた袋を出す人もいる。絶対に触りたくない。できるだけご自身での袋詰めに協力していただきたい」

中には、袋詰めを自分でやりたがる客もいて、「触らないで自分でやるから」と怒鳴られたこともあるという。店員が詰めても客に詰めてもらっても、レジ袋有料化によってストレスが増しているのがわかる。

コロナ渦で他人との接触に敏感な今、他人のエコバッグを触るのに抵抗があるのは無理もないだろう。レジ袋有料化はまだ始まったばかりで袋詰めは誰がするのか、マイバッグはどんなものを用意すればいいのか、決まったルールがないために混乱はまだ続きそうだ。

※キャリコネニュースでは引き続き「【店員】ビニール袋有料化で困っていること」【読者投稿】世帯年収400~600万円台のリアルに関するアンケートを募集しています。