法大、立大が勝つ

東京六大学野球

©一般社団法人共同通信社

 東京六大学野球春季リーグは11日、神宮球場で2試合が行われ、初戦に臨んだ法大、立大が勝った。法大は東大を6―3、立大は明大を4―3で下した。東大、明大はともに2敗。リーグ戦は1回戦総当たりで実施されている。

 法大は四回に村田の本塁打などで4点を挙げ、その後も加点。東大の反撃を八回の3点に抑えた。立大は八回に冨永が勝ち越しソロ本塁打を放った。