米厚生長官、中国を厳しく非難

コロナ、警告発せず深刻化

©一般社団法人共同通信社

11日、台湾大学公共衛生学院で講演するアザー米厚生長官(中央通信社=共同)

 【台北共同】アザー米厚生長官は11日、台湾大学公共衛生学院で講演し、新型コロナウイルスの世界規模の感染拡大について「ウイルスの発生源である中国は(初期に)世界に警告を発しなかった。その結果がもたらした悪影響は今も深刻化している」と述べ、中国を厳しく非難した。

 国際社会による感染症の予防と抑え込みには透明性の確保と情報の共有化が重要だとして「今世紀最大の脅威にさらされた際に、中国は誠実な協力を行わなかった」と指摘した。

 さらに、中国は世界保健機関(WHO)に対する影響力を「公衆衛生のためではなく、自身の狭い政治利益を満足させるために使っている」と述べた。