松江の高校、集団感染95人に

厚労省対策班が調査に着手

©一般社団法人共同通信社

立正大淞南高サッカー部の寮=10日午後、松江市

 松江市は11日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した同市の私立立正大淞南高で、新たに4人の男子生徒の陽性が確認されたと発表した。同校の生徒や教員の感染者は95人になった。4人の内訳は野球部員3人と一般生徒1人。

 市によると、同校は生徒309人、教職員38人。感染が判明した95人はサッカー部員88人、同部に関係する教員2人、野球部員4人、一般生徒1人。生徒や教職員を対象とする検査は、県外にいた17人を除いていったん終了し、今後は同居人など濃厚接触の疑いがある人への検査を進める。

 厚生労働省の対策班が11日、同市入りし、調査に着手した。