小田原市立病院の医師を懲戒免職 高2女子に6万円渡しみだらな行為

©株式会社神奈川新聞社

小田原市立病院

 神奈川県小田原市は11日、少女に現金を渡しみだらな行為をしたとして、市立病院の男性医師(42)を懲戒免職処分にしたと発表した。処分は同日付。男性医師は、児童買春・児童ポルノ禁止法違反の疑いで6月4日に逮捕された。

 市によると、男性医師は1月12日、高校2年の女子生徒(17)に現金6万円を渡し、静岡県沼津市内のホテルでみだらな行為をした。女子生徒とは会員制交流サイト(SNS)で知り合ったという。

 男性医師は平塚市民病院にも非常勤で勤務しており、平塚市が8月11日、懲戒免職処分とした。