宿泊療養中、制止振り切り外出

大阪の男、ピザ店や郵便局を回る

©一般社団法人共同通信社

 大阪府は11日、新型コロナウイルスに感染し、大阪市住之江区の宿泊施設「大阪アカデミア」で療養中の50代男性が職員の制止を振り切って一時的に外出する事例があったと発表した。男性はタクシーでピザ店や郵便局を巡り、1時間15分後に戻った。保健所の指導で立ち寄り先の消毒作業が順次実施された。

 府によると、男性は2日の検査で陽性が確定。8日から入所し、対応に当たる府職員に「カップ麺が欲しい。用意しないと脱走する」などと訴えていた。11日午前中に「体調が悪いのでもう帰る」と言って、警備員や職員の説得を無視して敷地外に出た。