周庭氏逮捕で考える「香港の今」と日本メディア

©株式会社ジェイ・キャスト

香港の民主活動家・周庭(アグネス・チョウ)氏(23)が香港警察に逮捕されたことが、日本のメディアやSNSで大きな話題になっている。一方で、「周氏以外の、逮捕されている多くの民主派への支援も忘れないで」と訴える声も上がっている。

周庭氏の公式フェイスブックアカウントから(画像は2020年7月12日の投稿)

香港ではメディア本社への家宅捜索に大きな注目

これは香港のネットニュースメディア「Stand News(立場新聞)」が2020年8月11日朝に配信した記事の見出しだ。周氏が、日本語が堪能なため日本メディアのインタビューによく応じていたことや、日本人に「民主の女神」と称されていたこと、10日夜の逮捕後にハッシュタグ「#FreeAgnes」が日本のツイッターユーザーのホットトピックになったことも、紹介されている。

日本のテレビ局の香港支局で助手として働いていたことがある香港人の女性(30代)は、「当局に目を付けられたくないので」と、J-CASTニュースの取材に匿名で応じ、こう解説した。

この女性は、働いていた日本のテレビ局が香港から撤退したことから金融系の仕事に転職。同じ頃、他の新聞社やテレビ局も相次いで香港から撤退した。それもあってか、香港の最近の事情や去年からの民主化運動に詳しい日本のジャーナリストが少なくなったと感じている。

「あなたの知らない、周さんの仲間も助けてください」

ツイッターでは、周氏逮捕に関する驚きの投稿があふれる一方、違和感を訴える人もいる。

一方、日本のある民放の男性記者(30代)は香港に何度も出張して民主派のデモなどを取材してきたが、苦しい胸の内をこう明かす。

周氏の逮捕容疑の詳細は不明だが、周氏の公式フェイスブックでは11日未明、「外国勢力と結託して国家の安全に危害を加えた罪」に問われたと公表している。前述の香港人の元助手はこう話す。

周氏の日本語での発信と日本メディアや日本のSNSユーザーの彼女への関心ばかりが、香港警察や中国共産党を警戒させたわけではないだろう。自戒を込めて書くが、「隣国」のメディアとして私たちに求められているのは、香港で今起きていることを、深く、多角的に分析し、日本のユーザーに「我がこと」として伝え続けることだろう。