【高校野球】3年生ではなく2年生・達を聖地で登板させたワケ 天理・中村監督が貫いた“実力主義”

©株式会社Creative2

公式戦最速の143キロを記録。フォーク、スライダーで1回無安打2奪三振無失点

新型コロナウイルスの影響で中止となった選抜出場予定32校による「2020年甲子園高校野球交流試合」の大会2日目が11日、甲子園球場で行われ、昨秋近畿王者の天理(奈良)は2-4で広島新庄(広島)に敗れた。身長193センチの長身右腕・達孝太投手(2年)は9回に2番手として登板、甲子園デビューを果たした。

「緊張はしませんでした。いつも通りのピッチングをすれば抑えられると思った。楽しかったです」

奈良の独自大会では3年生だけで戦った天理。達の今年、公式戦初登板は2点ビハインドの9回に訪れた。広島新庄の4番・杉井秀斗(3年)を右飛、続く野崎愛斗(3年)をフォークで見逃し三振、明光竜之介(3年)にはスライダーで空振り三振に仕留め1イニングを無安打2奪三振無失点に抑えた。

この日の最速は143キロ。練習試合では150キロをマークしたこともあったが「試合(公式戦)では今日が最速。低めの球が伸びているな」と冬から夏にかけての成長を実感した。長身から角度のある直球も魅力の一つだが、この日奪った2三振は変化球。最後は首を何度も振り「力勝負でいってもファールになったので。一番自信がある変化球で」と勝負に徹した。

今大会は勝っても負けても1試合のみ。3年生の集大成としての雰囲気も感じ取れるなか、天理は最後まで勝利にこだわった。先発し8回11安打4失点で降板した背番号「1」のエース・庭野夢叶(3年)の他にも左腕・吉岡大誓(3年)が控えていた。

中村監督も成長を実感「5月、6月ぐらいから。誰よりも早くきてやるようになった」

3年生たちには最初で最後の甲子園だったが、中村良二監督は「捕手が調子を言いに来た時に『一番調子いいのは誰だ?』と聞くと、達ですと言うので。そうか、じゃあ達でいこうと。そのときに調子のいいピッチャーを使いたいので」と達を起用した意図を説明した。

昨秋の近畿大会決勝では大阪桐蔭を相手に好投し、一躍スター候補に躍り出た。将来の夢は「トップメジャーリーガー」と大きな目標を掲げ、サイ・ヤング賞を3度獲得しているマックス・シャーザー(ナショナルズ)に憧れを抱く。

大会前にはエンゼルスの大谷翔平投手の体重移動を参考にするなど、様々な動画を見ての研究も怠らない。技術面以外でも練習ではグラウンドに一番早く姿を見せるようになったという。中村監督も「5月、6月ぐらいから。誰よりも早くきてやるようになった。いろんな意味で下級生も入って成長したかな」と目を細める。

「自信になった。来年また2回きて全国制覇、優勝したい」

無限の可能性を秘める長身右腕は甲子園で確かな足跡を残した。秋からの新チームではエースとしてチームを牽引し夢に向かって突き進んでいく。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)